さる♪オアハカ日記

メキシコはオアハカで、ミニピンと暮らし、好きなことにはとことん取り組み、現地の職人さんとお仕事してます。日々の珍生活や素敵な手仕事の紹介をしています。

全部グアダルーペだよ!今、オアハカで見るべき展示会はコレ!

今日は、サン・バルトロ・コヨテペックにある博物館で
グアダルーペをテーマにし、
それをオアハカやメキシコの民芸品を通じて
表現した展示会の開会式がありました。

IMG_20181209_141720

IMG_20181209_122230


12月9日に開会式があるんだよ!と今回
グアダルーペ入りの刺繍ブラウスを制作していた
サン・アントニーノのマリアさんにも
聞いていていまして、これは行かなければ!とw

IMG_20181209_125012

IMG_20181209_135033

リンダ・ハナさんとマリアさん


しかし!予想外!!!!

まさか、大規模な展示即売会があるとか!!!

IMG_20181209_125545

IMG_20181209_125606


知っていたらこんな機会逃さないよ!!
2万ペソくらい持参していたわ~~~!!!と

今回、爆買いできずに、
残念すぎて泣きそうでした。

それでも、所持金ギリギリ分で購入して、
オアハカへ戻る頃には残金60ペソ(帰りの交通費+α)ですよ。
もっとも、40ペソのものがあればそこまで投資してたけど。
ないな、40ペソの商品がw あ~マジ失敗したな!ってwwww

今回の展示会をプロデュースしたのは、
リンダ・ハナさんという女性。

1952年か55年頃に初めてグアダルーペのバシリカで行われた
儀式か祭事を目にして、
こんな素晴らしものアメリカにはないわ!と
グアダルーペにドはまりしたそうです。

その後、15年くらいグアダルーペについて調べて
自分でも織物をおる職人さんだったということで、その後
自分の足でオアハカやメキシコの民芸品の職人さんを一人づつ訪ね
今回の、「グアダルーペ」をテーマにした展示会を開催したとか。

実は、身分不相応にも、いつかオアハカの民芸品関係で
大きな展示会かなにかをやりたいと思っております。

で、彼女の話を聞いて重要だなと思ったとこは

好きなものを追い続ける。
彼女の場合は、はじめてみた
グアダルーペの祭事に心をつかまれたこと。

実年齢はおききしておりませんが。
70代でしょうか?お元気です。信念を感じます。

何かをやるのに年齢は関係ない。
逆に企画を温めてきた時間や
作り手さんとの信頼関係を築きあげるのに、
どれだけの時間を費やしたのだろうか?と考えてしまいました。

なんとなく、アタシいままで
お役所関係や手続きの面倒臭そうな機関は
あえてスルーしてやってきたんですが。

あ~やっぱり、ちゃんとした機関を通すことも
沢山の人の手を借りることも重要なんだなと
現場を見て感じました。

いつまでも、一匹オオカミでいちゃダメかもなぁ~~~。
できることは限られてしまうなと。

で、今日はInauguracionだったので、入場料もただですし
生産者が実際自分の作品についても説明してくれました。

ちなみに、これらのデザインはリンダさんが考えたの?と
質問したら、デザインはみんな作った職人さん個人のものということで。

関心しました!!!
すげーな!!!!!

リアル・ルピータもいれば
ちょっとおとぼけ・ルピータもいて。
楽しいですし、なにより職人さんの仕事のクオリティがすごい!

IMG_20181209_140236

IMG_20181209_140337

IMG_20181209_140525

IMG_20181209_140541

IMG_20181209_140606

IMG_20181209_140809

IMG_20181209_140825

IMG_20181209_141116

IMG_20181209_141123

IMG_20181209_141149

IMG_20181209_141249

IMG_20181209_141305

IMG_20181209_141438
これ、マリアさんの作品。

IMG_20181209_140701

IMG_20181209_140919

IMG_20181209_141044

IMG_20181209_141156

IMG_20181209_141241

IMG_20181209_141343
あかちゃんのお包みもグアダルーペ!

これだけの、モノを作れるメキシコの職人さんは
本当に素晴らしい技術をもっているんだなぁと
再度、実感してきました。


知り合いの職人さんも会場でたくさんいたし。
新しい職人さんとも知り合えてうれしかったです。

IMG_20181209_131140


あと、会場には知人や仕事先の人がいっぱいいて!!
みんなに「え?YOKO一人できたの?」って聞かれて

「うん、一人だよ」

「………。そうか。」ってwwww

(。´・ω・)ん?

なんでアタシ、一人で来ちゃったのかな?って考えたら
自分の中では、買い付けと取材の
「仕事」カテゴリーのつもりでしたw

仕事は一人で動く方が好きだし、一人でも平気なので
単独行動がメイン。

大体、プエブラのルチャ会場でも一人観戦とか
回りにビックリされたり、

地元の人しかない村にも
一人でバスとか乗り継いでいっちゃうんで
心臓に毛が生えているのかもしれません。

まぁ、はたからみたら
「ぼっちYOKO」って思われたと思います(笑)

ぶっちゃけ、グアダルーペというシンボルは
宗教に興味なのない自分にとって、
いままでは、「ふーん」っていう感じなんですが。

それでも、この展示会は
会場に一歩足を踏み入れた途端に
気持ちをもっていかれます。
DtYqh-gUwAEF21z

来年3月まで開催しているので。

オアハカに来た時には是非、お立ちよりください。
行く価値ありです!!!




12月突入!近所のビストロカフェメニューが安くて神!

気づけば、すでに12月に突入し、
今年も残すところあと数週間!!!
やばい!!のんびりしてられない!
2019年の上半期計画を年内に決めてしまいたい!と焦ってます。

明日12月6日から、Baharさんでオアハカの手織り展+
冬の贈り物展が始まり、ギャラリーもクリスマスっぽく
かわいくなっております。
写真はBaharさんからお借りしました。

47268217_2085831298140826_7254982924460621824_n

引き続き、オアハカの手仕事も実際にお手にとって
購入できますので是非どうぞ。
今週が最後のチャンスです。

詳しくは、BaharさんのFBページ で。


11月の終わりには
現地の取材のお仕事のバタバタな中、
めでたく誕生日を迎え。しかし!激仕事モードで
お誕生日感もないままに終了www

でも、今日は友達と一緒にお昼ご飯へ。

最近、事務所の近くある、
自称ビストロカフェが結構気に入っていてて

こじんまりとしたお店の大きさと、
なにより手軽にビールでもワインでも
いっぱいひっかけることができる。
ありがたい!

メニューもグリルハンバーガーからフライドオニオン~
ガルナチャスやトラジューダまでオアハカの食も網羅。

なんでも食べれる便利な自称ビストロカフェ。
ありがたや。

しかし、前回ビールと一緒にお願いした
トスターダスにフリフォーレスが塗ってなかったのは
残念で、凹みました。

Ds0pj_BV4AE88oz

おしゃれを極めるあまりに、豆は消されたのか?
または、単なる塗り忘れか???w
このトスターダスも具によって20ペソから25ペソ。

ここのすぐ近くに小学校があり、
意外と親子連れが利用者が多く。
子供が持ち帰りでフライドポテトを買いにくるなど。

お酒も飲めるのに、明るい雰囲気?w

女性一人でも気兼ねなくお酒飲めるのっていいよね~。
って!屋台でも道ご飯でもなんでも一人で食べれるけどw

今日は、グリルバーガーを食す。

Mexicanaだったんで、チレいりなんだけど。
チレ別添えと注文したらこんなプレゼンテーションで
出てきた!かわいい!!!

47492686_1995830543839175_3056460570791247872_n


アタシのはチレなしなんでプチトマトだけw

47571238_1995830627172500_3541992291298181120_n


この肉のボリューム!間にオニオンリングも
はさんであるしね。

47575936_1995830683839161_6686611167533596672_n

お肉もアラチェラとかサーロインとか選べて
もりもりのフライドポテトがついて70ペソ!!!

ここの最大の魅力は
コストパフォーマンス!安い!!

マクドのバーガーセットよりお得でおいしいんじゃん?

47301741_1995830733839156_5705821180372451328_n

と、ワイン1杯とオニオンリングも注文して
満足のお昼となりました。

12月はなんもなくても、何かしなくてはいけなくても
ソワソワと落ち着かない月ですな。

来年に向けて、カレンダーや予定表も2019年に変更です。

あと、いろいろと来年は、新しくやってみたい企画もあります。

DtcJoOXU8AATv9b

個人的には、なんもない村ブーム。
なんもない村が妙に写真映えして、萌えますw

ミトラがフォトジェニック度あげてきた!!

47121639_1987568501332046_8681895481099419648_n

47106561_1987568564665373_8045744132309647360_n


47132104_1987568607998702_1979105133107085312_n


47109016_1987568694665360_3210384871465680896_n

めっちゃテンションあがりる可愛らしさだったので
ブログに掲載しちゃいました。

ミトラ村の温泉通り(すいません、勝手に命名)
クリスマス~年末へかけての飾りつけ
力入っているなぁ~~~と。

傘のアイデアはどっかでみたような気が
サンクリ…?(;・∀・)

47093713_1987568807998682_1510603121137549312_n

お兄さんが一本一本、傘を取り付けていたので
本当に、この飾りつけはスタートしたばかりです!

これからどんどん、ミトラの写真が
色々なSNSにアップされそうな予感!

みなさん!年末年始オアハカを
訪問したほうがいいですよ~~~~。

超!素敵でした。

Baharさんにて「オアハカの手織り展」開催。

11月29日木曜より
いつもお世話になっているBaharさんにて
オアハカの手織り展が開催されます。

P1020674
全て自然染めの毛糸。みているだけで
わくわくします。

2018年
11月29日(木)~12月1日(土)
12月6日(木)~12月8日(土)

13時から18時で開催です!!!

詳細は、こちら

今年7月。ゲラゲッツアで盛り上がるオアハカで
取材と撮影をさせていただいた
「毛糸だま2019年冬号」でも紹介している
テオティトランやミトラ、
サントトマスハリエサの織りも販売されます。

その他、超レアなトゥクテペック地方の
オヒトラン村のものすごい手の込んだ
織り入りのポーチもあります。
それも、限定2個wwww
まず、オアハカでも買えないポーチです。

生産者さんにもっと欲しいって言ったんだけど
これで最後って言われた。

RIMG6653


まぁ、民族衣装のテキスタイルは
ほぼ着用の衣装として利用しているので
こういう、小物にはなかなか出会えないっていうのが本音です。


あとは、コチニージャ染めの綺麗な
ストール(綿)は、トラウィ村のものです。

RIMG6654

フリジン部分は、カギ編でなくて丁寧に手で編み込んだ
マクラメ編です!!

ミトラのクルミで染めた優しい色合いのマフラーも
この時期から活躍しそうです!

男女どちらにも重宝します!!!

RIMG6655

ちなみに、このミトラの羊毛マフラーは染め作業時に
十分な水洗いをしていますので、
羊毛なのに水洗いしても
縮まないという優れものです!!
おまけに、洗えば洗うほど柔らかくなるらしい!


何よりビックリしたのは。

取材後、数か月たち、
全国放送で、話題になった。
世界は欲しいものであふれているにも登場した。

イサック・バスケスさんの工房の作品も
販売しちゃうという
偶然が重なりすぎて!!!すごい!!!!

まさか、放送後の開催とか夢にも思わないですよw
狙ってませんよ!偶然です!!w

弊社も長い事イサックさんには
色々とお世話になっております。

イサックさんの工房のものではないですが
こちらの3枚の特徴は

2018-11-20-13-06-34-225x300

ランパゴ=雷と呼ばれる昔からある
アンティークなデザインだそうですが
なかなかお目にかかれないレアものです。
自然染め。

2018-11-20-13-13-19-225x300

左は、勝手に宇宙と呼んでいる
お手頃価格で購入できる自然染めじゃないタぺテ。
ペットいるおうちでも思いきって使えるかも!
もちろん、デザインがきれいなので(特に真ん中)
きちんとインテリアとしてもおすすめです。

右は小鳥と遺跡にもあるグレッカと呼ばれる柄の
自然染め、実物みるとわかるのですが
めっちゃ丁寧な仕事です。


※以下。展示会とは別件のお話です。


実は、タぺテ商品はあたし的には
なかなか販売しずらいアイテムだと思っているんです。(おい!)

理由は、

柄、色、大きさが無限すぎてセレクトしきれない。

自分はこれがいいと思うんだけど、もしかしたら他の人は
これより、こっちが好きかな?とかでマジ選べない!!

豊富な柄と色と種類!そこまでなんで色々あるの?って思う。

選択の幅がこれだけあると、在庫覚悟で大量に仕入れしないと
お客さまも選ぶ楽しみがないんじゃないか?と気にしすぎてしまいw

一番、確実でいいのは。

注文販売ですね!!!!!

みなさまお忘れかもしれませんが
さる屋は現地の民芸品の注文制作販売も行っております!!

そこ、忘れないでね~~~~w

あ!そうだった!と思いだして興味の出た方は
こちらから、お問合せくださいね。

そこ!!!忘れないで下さいね~~~~w

どこかでみた、あのタぺテ!こんな色でこんな柄が欲しいと
思われたかたは、こちらからご相談ください!

みなさん、オアハカの手織り展お楽しみに!!


ここ数年でアレブリヘスの世界に変化!?

さて、今回はここ数年の間にオアハカの
木彫りアレブリヘスのデザインに
大きな変化が生まれてきている!と
現地で感じたままを書かせてもらいます。

事務所にも常時色々なタイプのお気に入りデザインの作品を
販売しています(一部、非売品)

46800171_1984549281633968_1727976574243831808_n

46733077_1984549431633953_1313187088270622720_n

46800942_1984549464967283_4151014895774597120_n

46879906_1984549398300623_8782336959218450432_n

46712044_1984549544967275_3895174774967500800_n


まず、アタシが初めて
ハコボ&マリア・アンへレスの工房を訪問したのは
約10年ちょっと前。

そのころはハコボさんの工房では
現在の彼らのスタイル
サポテコ柄をもちいた作品を工房だけで販売し、
ハコボさん独特のスタイルでした。

P9172872


アタシは、ハコボさんのサポテコ柄の作品を
現在は勝手に、ハコボ・スタイルと呼んでいます。
estilo de Jacoboって感じ???

で、オアハカもアレブリヘスも
映画リメンバーミーが注目されるようになり
事前調査に協力したハコボさんの工房に注目があつまり。

その前からも、世界的に評価の高かったハコボ・スタイルは
ハコボさんの工房以外でも我も!我もと作られるようになり。

現在、オアハカの至るところで見かけるようになりました。

アタシ的には、
「あ、ハコボ・スタイルだ」と目にするたびに思うんですけどね。
みんなハコボ・スタイルを作るようになっている!とひしひし感じマス。

さらには、アレブリヘスの木彫りの生みの親と呼ばれていた
彼ら独自のステキな作品を作っていた工房にまでハコボ・スタイルが登場!

それ以外も、至ることろにハコボ・スタイルが…。

うっそ~!!!ちょっと待ってよ!!!
アタシは、ハコボ・スタイルも好きだけど。
その他にも好きなスタイルはたくさんあるよ!!!

アレブリヘス木彫りの良さって、
作家さんのスタイルが個々に違うという点なんじゃない?

それが、現在オアハカにハコボ・スタイルがあふれかえっている

このままで行ったら、オアハカのアレブリヘス作品の
作風のほとんどがハコボ・スタイルになるんじゃないか?と
ドキドキしている。(大袈裟w)

ちなみに、他の作家さんの作品を買付にいくと
工房で「こんなのあるよ」とハコボ・スタイルが出てくる。

もう、そうなると。

「ごめん、それもステキなんだけど、
アタシはあなたの工房特有のデザインの作品が欲しい」と
お伝えして、丁寧にお断りします。

ハコボさんの工房も、
自分達の仕事は、グループ作業だと言っていて。

日々多くの人が工房で働いているので
そこをやめて独立した人とか、
ハコボ・スタイルを作って売るとかあったんですけど。

いま、工房と関係ない人までみんな同じ感じwww

この先、サポテコ柄の作品は
サンマルティン村の代表デザインになっちゃうんじゃないか?と
思うほどの流れです。

いや、その前にも素敵な作品を作っている人は
たくさんいたんだし、
それはそれとして残ってくれないと本当につまらない。

もう、この先!サポテコ柄入っているやつは
誰が作っていても 
ESTILO DE JACOBO & MARIAでいいじゃん!っていうか、
20年後くらいにはそうなっているような気がしなくもない。

自分の好きな作風が消えないように願うしかないですね。

いまは、ブームであり、そのうちに作家さん一人ひとりが
自分だけのスタイルの確立を目指してくれないかな?と
密かに願っているアタシであります。

うまく言えないけど、コピーしている!!!とか
それがいいとか悪いとかいうのではなく。

今まであった、作家さん独自の作品のデザインが
同じ方向を向気はじめている?!感を受けているんです。

本当に、売り上げや今のブーム・人気を考えると仕方のない事かな?と
思いますが。作家さんは自分の持ち味を失くさないでほしいと最近特に感じます。

そう、作り手としての独創性は大切!!!

お仕事などで良く質問され、一番返答に困るのは、
どの作家さんが一番素晴らしいですか?と聞かれること。

作品の味はすべて作っている人の持ち味だから
それを、アレは素晴らしい、
これはダメなんて事は言えないと思います。

どこのポイントに注目するかで、
みんな持っているストーリーも違うし。

好きなものを愛でればいいし、
これだと思った作品のストーリーを
追えば素敵な記事になると思ってます。

ちなみに余談ですが。

現在は、オアハカでもテキスタイルや民芸品がもてはやされてますが。
たぶん、オアハカ観光局ももっと民芸品に力を入れようと思ったきっかけは
日本の雑誌、フィガロの取材の時だと思う。

その時に、編集側から、フォークアートをメインにやりたいと依頼され
その内容を観光局に伝えたにもかかわらず。

観光局が提案してきた取材先スケジュールは

モンテアルバン、ミトラ、エル・トゥーレ、
イエルベ・エル・アグア、メスカル等
そういう観光地的なものがメインでした。

なので、知らない工房の職人さんを取材すると宣言?したときに
観光局の担当者は不安げに首をかしげてました。

え?誰それ?何しに行くの?的な??w

で、結果フォークアートをメインしたオアハカ記事は
観光局にも評判が良く、その後、オアハカの手工芸についても
力を入れてきた印象があります。(あくまでも、個人的意見ですけどね)

その後は、RUTA MAGICAと民芸品や
工房周辺の村には看板があるくらいですし。

長く住んでいると、ふとしたきっかけで
色々な、状況の変化に気づかされることも多いと感じます。

オアハカのアレブリヘス木彫りは
この先、どこへ流れていくんだろう?と、偉そうに心配しております。

あくまでも、最近自分が感じた現地の状況なので
いち、個人意見としてお受けとりください。m(__)m


さる屋事務所訪問について
オアハカ市内の観光地区に、さる屋のショップはございません。
在庫管理等している事務所がありますが、仕事柄、村への外出等で不在の場合がほとんどです。
さる屋での商品購入、お仕事依頼・お打合せ等ご希望の方は、さる屋サイトお問い合わせより訪問予約をお願いいたします。前日、当日の訪問予約は仕事の都合上お受けできないこともございますので、ご予約は余裕を持ってお願いいたします
また、現地状況・観光案内の情報提供のみのサービスは承っておりません。ご理解いただけますよう何卒よろしくお願いいたします。
コレ1冊でオアハカが楽しくなる!


1年かけて撮影・執筆をいたしました、イカロス出版「アルテサニアがかわいいメキシコ・オアハカへ」オアハカの手仕事がわかりやすく説明されています。
イカロス出版オンラインアマゾンでも購入できます。
ブログ掲載画像について。
さる屋ブログ掲載の民芸品画像デザインの転写、転載、無断使用を固く禁じます。
お役に立ったら…!
ポチ!お願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村
最新コメント
プロフィール

さる

月別アーカイブ
  • ライブドアブログ