さる♪オアハカ日記

メキシコはオアハカで、うさぎ&ミニピンと暮らし、好きなことにはとことん取り組み、現地の職人さんとお仕事してます。日々の珍生活や素敵な手仕事の紹介をしています。

2008年01月

明日出発

明日の朝いち
シティへ向けて出発します。

デジカメなしのシティになるのか???

オアハカ帰宅予定は2月1日。

戻ったらまた色々ご報告いたします。

メールその他のお返事遅れますが
ごめんなさい。

では、もう寝ます。サボテン

災難

悲しい 

オアハカに来て一番の災難と言っていいと思う。。。

今日の早朝、デジカメ落として

壊した。。。

書類のまとめとか旅行準備とか終わらずに

朝、6時からおきて仕事するなんて

切羽詰ったことするんじゃなかった。。。

もう、まじでついてない。。。

マリアナさん

今日やっと。。。

929d848a.jpg


こんな可愛いビニールバックの作り手さんの
マリアナさんとコンタクト取る事ができました。

本当よかった。。。

待てど暮らせど音沙汰なかったので
もう諦めていました。

メキシコって本当。。。辛抱が肝心?

超せっかちなアタシはヤキモキしてばっかりです
↑反省

下準備

さて、来週月曜日からメキシコシティです。キラキラ

その下調べ、下準備で少々バタバタしています。

今回、ルイス・バラガンを見てきます。

彼のことは名前と作品くらいは知ってますが。
詳しくはしりません。

知らないことを知る良いチャンスです♪

今日、見学の予約電話も入れました。

バッチリです。

でも、住んでいるのはオアハカで
シティはあんまり良く知りません。

地方の田舎からガイドブックを持参して
上京する感じに似ています。

「地球の歩き方」も前回日本へ戻る際に
サンフェルナンド館の本棚に
こっそり置いてきてしまいました。
(でも、すごく古かったからなぁ。。。)

家にある英語版ガイドブックを調べます。
でも、英語はもう忘れました。(笑)

お客様がいらっしゃる前に。

今、動いている商品の確認、受け取りetc...

注文入れておいた商品は無事引き取り完了。

お願いしていたピーターのアクセサリーは
「あ。家に置いてきちゃった。。。」

な、なにおおおお。。。怒り

「良く聞いて!もう来週は絶対お願いね!!!」

「大丈夫。大丈夫」

その大丈夫ほど怖い物はない。。。



で、道で友達のMagaly にばったり道であった。

「実はね、こんど客さんがくるんだ」

「あたし、シルバーのリングとか作るのよ
 こういうのいらない?オアハカのBLAK BOXにも卸しているの」

うあぁぁぁ。かわいいい!!

彼女は実はジュエリーデザイナーだったのだ。。。

知り合ったときはスペイン語の先生だったから
そうだとは思わなかったわ。

002fb417.jpg


アタシも一個欲しいです!!!

オアハカには2月1日に戻ります♪

タペテについて勉強中。

最近、タペテについての知識をもっと深めようと
色々見たり聞いたりしてまわってます。

いや、初めてオアハカに来たときにサンタアナのホセに
教わってあたしも小さいのを1枚織ってみましたが。

糸つむぎから織り機に糸をかける所からとか
想像以上に手が込んでいて、時間がかかって難しいと
いうのは、身をもって経験しております。

91f156ac.jpg

↑ルイスのタペテ。

友達のルイス曰く

いいタペテは壁にかけてもまっすぐなままで
すそが丸まってそりあがったりしないんだよ。
↑これは織りのよしあしで決まるのだろうなぁ。。

で、正直オアハカに溢れかえっているタペテは
いままで柄とか色合いくらいしかチェックしてませんでした
↑反省。

もちろん、化学染料で染められたものは
コチニージャとかナチュラルな染めに比べたら
安いよね。
↑でも、そんなのよっぽど蛍光色とかじゃなきゃ
見分けつかんよ。。。きっと。

模様も細かさとか手の込みようで違うよね。

あと。最近 la mano magicaでタペテを織っていた
お兄ちゃんに質問したら

織り機の性能もすごい重要らしい。

織り機の歯(と、いうのでしょうか???)
歯の目の細かさとか、

あと、糸!!

ルイスも言っていた通常のタペテは
No.13の太さを使っていて
もっと細いものはNo.18を使ったりする。

前回お客様がタペテを注文してくださって
頼んだ方の1枚がNo.18だった。

仕上がり、手触り断然気持ちいい。。。

と、なるとタペテを織るのは

職人さんも資本金?資金力?

必要ということか??

良い織り機を持っている?
織り機のメンテナンスが出来ている?
質の良い糸が買えるとか??

これで値段の半分は行っているのでは???

la mano magicaでみた糸は本当にキレイだった。

羊毛でも細かったり、均一の太さでつむがれていたり。
なかには絹の糸も存在していた。

もう、糸巻きの糸が輝いて見えたもの。キラキラ

こんな糸ルイスの工房でもサンタナの工房でも
見たことないよ(笑)

そりゃここのタペテ 1枚10万
くらいしちゃうよねロケット

それもまだまだ色々と疑問が残るので
さらに質問して歩いてみよう。

あと、良く聞くのは
テオティトランバジェに日本人カップルがいて
タペテを織っているとか居ないとか・・・

行く度に、タクシーの運ちゃんとか
乗り合いで一緒になった人に聞いているんだけど。

教会の先に住んでいるらしい…とか
いたって聞くけどね…どうだかなぁ?とか
???的な答えが多い。

あんな小さな村なら
みんなが知っていそうなものだが。

それも、日本人なら目立つのでは??

それとももう現地の人にそまっていて、メキシコ人みたく
なっているのだろうか??

オアハカのH先生みたいに。。。(失礼)

関係ないですが。
週末のモーレネグロがいまだあると
ルーシーママからすごい
いっぱいおすそわけをもらい。
↑めちゃめちゃ、モーレ好きをアピールしたから料理

3日間毎日2食も食していたら。
なんか鼻血でそうな感じです。ちょっと腹の出具合も
気になります。。。泣。
さる屋事務所訪問について
オアハカ市内の観光地区に、さる屋のショップはございません。
在庫管理等している事務所がありますが、仕事柄、村への外出等で不在の場合がほとんどです。
さる屋での商品購入、お仕事依頼・お打合せ等ご希望の方は、さる屋サイトお問い合わせより訪問予約をお願いいたします。前日、当日の訪問予約は仕事の都合上お受けできないこともございますので、ご予約は余裕を持ってお願いいたします
また、現地状況・観光案内の情報提供のみのサービスは承っておりません。ご理解いただけますよう何卒よろしくお願いいたします。
コレ1冊でオアハカが楽しくなる!


1年かけて撮影・執筆をいたしました、イカロス出版「アルテサニアがかわいいメキシコ・オアハカへ」オアハカの手仕事がわかりやすく説明されています。
イカロス出版オンラインアマゾンでも購入できます。
ブログ掲載画像について。
さる屋ブログ掲載の民芸品画像デザインの転写、転載、無断使用を固く禁じます。
お役に立ったら…!
ポチ!お願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村
最新コメント
livedoor プロフィール
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ