さる♪オアハカ日記

メキシコはオアハカで、うさぎ&ミニピンと暮らし、好きなことにはとことん取り組み、現地の職人さんとお仕事してます。日々の珍生活や素敵な手仕事の紹介をしています。

2014年08月

久々に復活。テハテづくりを間近でみた。

題名ほど大げさではないのですが。

お盆前から調子こいてそのまま夏休み延長モードで
過ごしていました。

まぁ、去年から本の件、イベントの件と忙しかったので。

ひと段落つき、いまこそ自分に甘くと。(笑)

もちろん、職人さんが事務所に来るときには出勤し。
メールのやり取りはやっておりましたが、逆にこの中途半端さが
良くなったようで。

休んだ気がしないから、振替休日にするか!とか
ずるずるでした~~~~。

今日、8月24日はオアハカの日本人が初めて集まり
バーベキューをしたんです。

ざっと、家族、お子様含めて45名~50名。
こんな集まりはオアハカ初です。

会場と主催はオアハカの画家の先生のお宅でした。

この記念するべき日には、日本の元職場の後輩のお友達から
いただいた、プレミアムTシャツの一張羅?を着用し。

RIMG0033

準備にとりかかりました。(笑)

お肉の他にも、トン汁や焼きそば、手作り焼肉のたれ、
マカロニサラダ、ホットドック。

鮭を購入して なんちゃって、ちゃんじゃ焼き
RIMG0032

とても、美味しかったです。


そして、目の前でテハテと呼ばれるカカオやマイスなどで作られる
飲み物の実演がはじまりました。

カカオは重宝されていて、栄養価も高いので、
神々の飲み物としても昔から
重宝されていたようです。

よく、メルカドでも販売していますが、作る工程をじっくりみることも
なかなかない経験なので、楽しかったです。

RIMG0016

まず、カカオやマイスをはじめ、すべての材料を練って準備したものに
氷水をすこしづつ入れながら伸ばしていきます。

RIMG0018

RIMG0020

RIMG0023

少しづつ、冷やされたテハテから白いカカオの脂肪分が
浮き出てきます。

RIMG0024

さらに冷水を加えながら混ぜます。

水を高い場所からいれるのは、泡立てるためです。
泡風呂を準備するときに、バスジェルをバスタブに入れて
シャワーを勢いよく出して、泡立てるのに、にているなぁと
思ったわけです。


RIMG0026

徐々に脂肪成分が浮き出てきます。

RIMG0028

最後には、ふわふわのフロール・デ・カカオと呼ばれる
クリームが表面を覆います。

ちなみに、材料にフロール・デ・カカオは入っていますが
見た目からつけられた名前です。

出来立ては美味しい~~~~~。

良いものを見せていただきました。

さて、明日月曜から本腰いれて行きます。
またもや、税金の件で、SATへ講習を受けにもいきますんで。

そして、ここ数週間、グータラしていたら
かなり体重アップしていたんで本気だして、ダイエットします。


おまけ画像。
RIMG0014

3日くらい前に大家家族にもらわれてきた子犬。

もうちょい、大きくなったら、愛犬チキティーナの
いい遊び相手になってくれるかも・・・と期待しております。

オアハカから郵便で荷物を送る場合。

たまに、オアハカで質問されるので、
ここにまとめてみようと思います。

まず、ダンボールは新品も売っていますが、基本薄くて高い
大きいダンボール箱だと70ペソくらいすることがある。でも薄い。

商店や、市場の店頭につまれているダンボール箱は販売してくれます。
大きさによりますが、1個5ペソから20ペソくらい。

但しリサイクル品というか、商品が入っていた箱を販売しているだけなので
サイズは時期によって ある、ないがあります。

これは、アタシも毎回荷物発送の時に悩みます。

荷物のサイズと箱の大きさが合わないのは日常茶飯事。
マジで丁度いいサイズのダンボール箱に出会えないというのは、頭痛いです。

そして、玉子の箱は利用できないので、避けましょう。

郵便局の窓口では、中見のチェックをされます。
荷造りしたら、荷物の封をせずに郵便局へ。

送り先の住所は、コピー用紙に、必ずローマ字表記で
左斜め上に発送者名・住所・郵便番号・電話番号、右下が届先を
書いて持参して、封をしたら張れば楽。

よく、アジアあたりだと JAPAN だけ英文で、
あとの住所は日本語で送る人いますが

ローマ字以外の表記があると発送してもらえませんよ!!!

昔、大阪への荷物がこの、JAPAN あと日本語っていう荷物が郵便局から
送れないと連絡されて、ローマ字にアタシが書き直して発送したことがあります。

2kg以上はすべてMEXPOST(EMS)扱いになります。
MEXPOSTは重量とボリューム計算で20KGまで送れます。

でも20KGを少しでも超えると荷物を受け付けてもらえません。

軽くても、ボリューム計算で重量より重いと、
重い方で送料を請求されます。

郵便局の 20KGのボリューム計算は

縦×横×高さ÷6000=ボリューム となります。

現在、日本まで20KGの荷物 1個 約3600ペソ
日本円で約3万円弱!!!!

これは、これからもどんどん値上がりして行きます。

たっけー!!!っていうのが正直なところ、でも燃料費もあがっているし
なによりも、日本とメキシコはほぼ地球の裏側ですから
その、日本とメキシコの位置関係も把握していただきたいところです。

最近は追加料金を払ってでも
飛行機で荷物を持って行く方が安いです!!!


現地で荷造りが大変で嫌!!予算に余裕がある方は

購入した民芸品やお土産をそのまま、
DHL直営業窓口
Amado Nervo 104-D (ESQ. CALZ NIÑOS HEROES)へ持っていけば、
窓口でダンボール箱に詰めて、発送できます。

ダンボール箱も、ガムテも必要なしのお気楽さ。

でも、パスポートなどの身分証明書は忘れずに持参してください。


あと先日、メキシコ民芸品や雑貨の現地価格と、
日本での販売価格での差について書かれていた
ブログ記事を拝見しました。

現地で買付したり、実際に販売している側なので
自分的に気になったのでちょっと検証します。


まず、今回の送料とか考えてみてください。

送料だけでもこの恐ろしい価格、
去年までは20KG約2800ペソ、その前は約2300ペソだったんですよ。

20KGで3600ペソ、いま大人気のカゴなんかは
普通サイズで1個550gくらいあります。
送料だけで約100ペソ。(約800円超え)

これは、重量計算だけならありがたいですが、
カゴなどは軽い割にボリュームあるので、
ボリューム計算でもっと送料が高くなります。
実際は100ペソより高いですよ。

そして、中に入っているアタシのような現地で手配や買付をしている人に
払うコミッション、雑費、通関税など。

買付に来ているのであれば、旅費、滞在費その他
人にお願いして商品販売しているのであれば、人件費の発生
販売元の売上のっけたら高くなるのは当たり前なんです。


そんなに安いなら、現地で安く買いたい!!!!と切望する方は

飛行機代を20万近く、滞在費、食費、費用も時間もたっぷりかけて
欲しいものを買にメキシコ現地へ遊びにいらしてください~~~!!!

直接、生産者やお土産屋さんから買う楽しみは飛行機代を払ってでも
価値があると思います。

また、メキシコ雑貨屋さんとかで聞いた話。

ご来店のお客さま。
今度、メキシコ行くから現地で買うお土産の下見~~~。
これ可愛い!これ買ってきて~~!!!って事がありましたと、いう話を聞くと

うぁ~~~。現地のことご存じないですよね?って感じるのです。
そうそう、うまく同じものに出会えないのがメキシコです。(笑)

ほぼ、手仕事なために、欲しい色、形、デザイン全部違っています。
時期によっては品切れも良くあります。(注文発注ならまた別ですけど)

現地に住んでいない場合は、買付される方だって
欲しいものを探し出すまでどれだけ時間がかかることか?

現地に住んでいるアタシでさえ、
商品の色形の指定をされて、現地で買付お願いされると
まだ、同じのがある~~~~!!!!っていうのは奇跡に近いと
アタシも感じるほどですから(大袈裟?)

また、3年前のボニータ・オアハカの時に。

オアハカの民芸品をみて、これほどまでにクオリティが高いのか!!と
感心されていたメキシコの方々。

イベントで、購入するのか?と思いきや。

でも、自分がメキシコ人なのに、
日本のイベントでメキシコのものを買い物するのは恥ずかしいわ~~~。
メキシコに戻ったら探してみる。とおっしゃっていましたね。

いや、メキシコ現地にいっても、
このサイズ感、クオリティ、色の配色は売ってませんよ。
と!心の中で呟いておりました(笑)


メキシコでの、素敵な買い物は、基本、出会い買いです。

どのような手仕事の1点ものに、自分が出会えるか??

逆に言うと、自分が選ぶのではく、ものに自分が選ばれるのかもしれません。


メキシコでどんな素敵なものに出会えるのか、ワクワクしながら
現地入りしてくださいね~~~。


日本から来たという人の、ちょっと気味の悪い話。

タイトルが大袈裟な気もしますが、

初夏に日本でイベントを終わらせてオアハカにもどったら


色々な生産者やショップから気持ちの悪い話を聞いています。

オアハカの現地アテンダントをさせていただいた「メキシコ刺繍の本」を
どうやら情報源に、紹介されているショップとか村へ出向き。


ショップやデザイナーさんに対しては

日本の雑誌や本に広告を打ってあげるから、
広告料として25000ペソ払う気はないか?

とか、

村の生産者の刺繍を販売しているお店で
13000ペソの合計分の商品を、

これから日本で大量に販売してあげるから
今回の買い付けの金額を5000ペソにしろ。

とか。

そういうことをやっている日本人男性がいるようなんですよ。

まぁ、お互いの利益目的が一致していたらいいと思いますけど。。。


みんなから聞いた話の大体の感想は、「日本って、そういうことをするの?」ってことです。


手仕事の商品を大量に販売するから、13000ペソを5000ペソにしろとか
冗談じゃない!と、売ってはもらえなかったようですが。


そのような、オアハカ視察、偵察をするきちんとした目的はあるのでしょうが。


ただ一言言わせてください!

キチンと、現地の生産者に筋の通ったとこをしてくださいね。


一応、今回の件が気になっている生産者やショップ関係者に、

「気になるなら、その人の連絡先知っていたらアタシが話をしするから遠慮なく言って」とは
伝えておきました。

新しいビジネスとして、現地の生産者も
良い方向へ向かう話ならいいんですけどね。

SAT(税務署?)に行ってお勉強。

今年に入り、
メキシコの税金の支払い方法や設定方法が変わるということで、
SATと呼ばれる税務署みたいな機関へ
事業登録やら、利益の報告から支出の報告まで
インターネットの画面から入力しないといけないとなったんです。

でもさ、パソコン持っていない。ネットないで!
そんな入力できない人はメキシコにたくさんいるよ?
どうすんだろうね?(よくみんなSNSでも書きこんでいるけど)

いままでみたいな、小規模事業主は
一律の税金の支払いでいいじゃん。って

とっても面倒くさい!!の一言ですが、

一応メキシコで働くための義務ですから
がんばってやります。

まだ、ほとんどと言っていいほど政府側でも整理できてないようで。

はじめは春までにSATへ手続きに行かねば

罰金!!!とか言われていて。

6月中には終わらせようと思ったのですが、
アタシも本の件やイベントの準備でまったく進まず。

あ、でも5月中には、SATにとりあえず行って
訳もわからぬままに
入力画面のネットに入るパスワードもらっていました。(笑)

6月はオアハカにいませんでしたし。

で、7月は色々と忙しく、
やっと8月に入り動けるという。。。

しかし、罰金については

まだ罰金を科せられないから早く手続きしてください。という文字。

う~~~ん。こりゃまだ、余裕だな・・・(笑)


で、今日の夕方のワークショップを受けてきました。

案内の紙には、16時から、15分前集合!とか書いてあるけど
会場に案内されたのは、16時半(苦笑)

18時終了ですが、17時50分には終了、そのあたり、やっぱメキシコやね。

説明だけかと思いきや、実際にパソコンで入力作業を説明って感じでした。

5月中にもらったパスワードで、画面入力はできたのですが、
実際の利益や支出を計算してゆかなったので、ダミー入力練習って感じでした。

ところが、ワークショップを受けた何名かは、パスワードを持っていないく
アタシの両端のメキシコ人女性も一緒に、アタシのパソコン操作見学となる(笑)

RIMG0026

逆にわからない部分や聞きそびれた点は
教えてもらえたのでラッキーでした♪

しかし、支出の欄の入力に関しては、
すべての支出の経費のFactura(RCF番号入りの領収書)が
いるとか言われて。

すいませ~~~ん。民芸品の販売しているのですが、
生産者はFACTURA持っていない場合はどうすればいいですか??


みなさんRFCの番号を持っているはずです。

いや、マジで もっていないんですが・・・となったら


では、その場合はこうします。

ときちんと対処画面があったんです。
おおお~~~~って思いましたが。

このグループのワークショップでは詳細の確認とかできないので
8月25日に個人で予約を入れてまた行ってきます。

この手続き作業が全国的に遅れているらしく。

今年は税金免除だそうです。(←ん?違う理由でかしら??)

その分、来年はぼったくられるのでしょうか???

なんか怖いなぁ。

まぁ、出来るところからボチボチやって行きます。


あと、最近物凄いタコス屋の看板?を発見。

RIMG0017

TACOSGOKU

スーパーサイヤ人が白いエプロンつけて、
ドヤ顔でパストール作っているよ(笑)

メキシコって 本当になんでもありだね。

あれだね、タコスゴクーもSATに行くんかな??(笑)



新作刺繍ブラウス・ネットショップにお目見え&アレブリヘス塗ってみた。

8月に入りましたね~~~。

日本は猛暑でおかしくなりそうだと
お友達から聞いて、

オアハカも暑いけど、湿気がひどくない分、快適だわ。と
心からVIVA OAXACAとか思っています。

しかし、オアハカの8地方でも日本の真夏のように暑い地域があります。
じっとり、ジリジリって感じですわ。

しかし、その土地、土地にあった
快適に過ごせる刺繍ブラウスもあるわけです。

8月のおすすめは、アップされたばかりの
トゥクステペックのシンプル刺繍ブラウスです。

新色です!

生地はレーヨンで、さらっと軽く涼しいんです。
日本の猛暑には大活躍しますよ!!!

DT78-1

DT78-3

DT79-4

DT80-4


是非、ご利用ください ね。


そして、先週の日曜に何年かぶりにハコボさんの工房で
アレブリヘスの着色をやってきました。

ただもう、黙々と進めるのみ!!(笑)

今回の仕上がりは、こんな感じになりました。

モスグリーンのガゼルちゃん♪

P7270764

P7270767

その後、アスセナ・サポテカのレストランへ

P7270775

パぺル・ピカドもゲラゲッツア。

カヘッテという料理をいただき。

P7270771

P7270773

トマトベースの少し辛いソース。

絶対、メキシコ人ならこのソースだけで
何枚でもトルティージャが食べれる味!

焼いた牛の塩漬け肉と、チョリソ、
焼きセボジータ、チレ・デ・アグア(超辛いよ)
焼いたサボテン、ラディッシュのお料理です。

ちょい辛だったけど、美味しかったです。

その後、サント・トマス・ハリエサに移動して
村の丘で開催されていた、展示即売会を訪問。


素敵なロケーションの郊外で!

P7270818

P7270820

ちょうど、ゲラの時期だったので、踊りも披露されていました。

P7270792

なんか、遠い昔のような。

何度も言いますが、アタシの夏はゲラと共に終わった感じです。

まだ、8月1日だというのに・・・(笑)


さる屋事務所訪問について
オアハカ市内の観光地区に、さる屋のショップはございません。
在庫管理等している事務所がありますが、仕事柄、村への外出等で不在の場合がほとんどです。
さる屋での商品購入、お仕事依頼・お打合せ等ご希望の方は、さる屋サイトお問い合わせより訪問予約をお願いいたします。前日、当日の訪問予約は仕事の都合上お受けできないこともございますので、ご予約は余裕を持ってお願いいたします
また、現地状況・観光案内の情報提供のみのサービスは承っておりません。ご理解いただけますよう何卒よろしくお願いいたします。
コレ1冊でオアハカが楽しくなる!


1年かけて撮影・執筆をいたしました、イカロス出版「アルテサニアがかわいいメキシコ・オアハカへ」オアハカの手仕事がわかりやすく説明されています。
イカロス出版オンラインアマゾンでも購入できます。
ブログ掲載画像について。
さる屋ブログ掲載の民芸品画像デザインの転写、転載、無断使用を固く禁じます。
お役に立ったら…!
ポチ!お願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村
最新コメント
livedoor プロフィール
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ