オアハカにいたときにツーリストカードの日数が
39日。。。あーそろそろ切れるかも…と思い。

やっぱり滞在日数が必要だったマティアスと一緒に
入国管理局に行く事に。。

10月18日に行く約束をして

前日に手続きに必要な
パスポート白紙も含めて全頁コピーと
クレジットカードやら
全所持金を証明できるもの。
ドルとか、トラベラーズチェックとか
換金しちゃったレシートとか。。。

そして、derectoraに質問した。
「アタシの日数39日なんだけど」
ツーリストカードを見せる。。。
「これ39日じゃなくて30日だと思うわ」

「!!!マジ???」

もう、切れてから2日経ってんじゃん。。。
アマリにも汚い数字に思いっきりだまされた。。
それってどうなの??

かなり青くなりました。。。

不法滞在ってどんなことさせられちゃうの??
もう、メキシコ入国できないとか??
不安でいっぱい。。。

「でも、この汚い数字に抗議してやる!!」
と結構強気。

実際は、、
「あーじゃ。
手続きの210ペソにプラス450ペソ払ってね。
それで大丈夫だから。」

担当のおじさんは笑いながら言った。

「デモね、字すごく汚いでしょう?払わないと駄目?」
「こりゃ汚いな…でも、仕方ないね」

何のお咎めもなかったですが
合計660ペソもの大金を払う目にあった。。。

入国するとき最長90日までもらえるんだよね??
なんで39日だけ??(実際は30日だけど。。。)

結局入管の人の気分で90日タダでいれる人と
手続きだけで210ペソ払わされる人に分かれるの??

次回は90日めーいっぱいもらえるように
交渉しよう。。。

ちなみにオアハカ入国管理局に行き。
書類を提出し、振込み用紙をもらい
近くの銀行へ支払いにいき。
支払った証明書をもって入国管理局へ
証明書を受け取ったあと
おじさんはタイプライーで滞在期間を
2006年1月13日まで延長してくれた。

朝一で言ったので午前中の会話の授業には
間に合った
マティアスとNegrita だったのでした。。

でも、午後は追加料金はらって
文法の補習を受けた二人だったのです。。。