オアハカの被災地に送る色々なものを市内で探しています。
今日はマットと仮設住宅?に使う
工具・ねじ・ビニールシートなどを購入しました。

まず、Ixhuatan では
今後、家屋が崩壊した人に
Yurta(テントのような仮設住宅?)を50棟
たてるというプロジェクトがあるということで
日本からの義援金から、
その仮説住宅を建築する材料や工具を
購入して寄付しました。

こんな感じのものです。

21762067_1893978900629853_2987756408598068150_n

21761555_477170489328373_1051318836158840817_n

21685917_1665612730177152_421997372027481259_n

これで、いま家が壊れて寝る場所がない人が
安心して寝れるテント?仮設住宅が完成です。

50棟つくるとかすごい!!


そして、Mixeの村からの
今欲しいものリクエストが
colchonマットレス。

それも、市内で探しても
なんかすごい高いし、物も見つからず、
どうしようか?って思っていたら。

思いがけずに今日の買い出しの
付き添いで行った
correo majorのお店で発見!!!


21762152_1487204678035100_8829298816348427986_n

22007717_1487204741368427_7650847888995990500_n

なんか、マット薄すぎ???とかおもって
担当者に電話したら、厚みは大丈夫だから
ビニールシートのかかっているやつが欲しいと。

布ばりのマットだと
雨に濡れて使えなくなるとのこと。

ずばりこれだ!!!

でも、長さが150cmしかなく

お店の人から長さを変えて作っても
明日の夕方には納品できると聞いたので、

取り合えず、長さを180cmに伸ばしてもらい
一個 330ペソでつくってもらうことにしました。
それ、30個注文。本当はもっと欲しいのだけど…

とりあえず、ほかの地区の予算も検討して
最後にもっと購入できそうなら購入したいと思います。

さて
2017年9月21日の入金締め切りをさせていただいた
メキシコ沖地震の義援金は
日本・メキシコ・タイからも寄付があり、

合計106人の方から振込がありました!

総額1,205,316円の義援金が集まりました!!!!

みなさんのメキシコ&オアハカ愛の結晶です!

もう、正直この金額に、びっくりです!!!
そして、金額が金額なだけに、責任も重大です!!!

日本からの支援!!本当にありがとうござます!!!
物資はちゃんと被災にあった村の人々に届いています。

実は、資金運用は
メキシコのATMからは 1日の引き出し限度金額が
14000ペソくらい!!!

もう、毎日のようにお金を引きだしに行ってます。

正直、怖い。マジ、怖い。

でも、すでに、ほとんどの寄付金を引き出し終わり

同じく、総額の90%くらいは
もうすでに、物資にして被災地に送りました。

地震後すぐに物資が必要な時期から
義援金から被災地に物資を購入して送っていたので。

残りの寄付金を現地へお届けしたら
最終的に清算・出費報告をさせていただきます。

少々お待ちください。


しかし、メキシコシティでも地震がおこり。

本当にいまは、
瓦礫の下になっている人の人命救助が最優先だと思います。

しかし、報道がメキシコシティにスポットがあたり数日経ち。

SNSではオアハカやチアパスを忘れないでとか
モレリアとかプエブラも大変なのに!と他の地区から
不安と支援が届かない不満を目にして、ちょっと色々心配です。

被災で被害にあい、
これから先もどうしていいかと悩んでいる人に

少し、政府はフォローが足りていないんじゃないの?

いまは、人命救助が最優先ですが、7日と19日に被災にあった
全地域に支援をちゃんとしますとか、なんかはっきり確約を
宣言すればいいのに。

19日の地震被害に対して、
日本や世界各国からメキシコにたくさんの
寄付や支援が集まると思います。

それをきっちり被害にあった
全地域、小さい村までちゃんといきわたらせて欲しいです。

きちんとそう宣言すれば、いま被災にあって不安な人も
気持ちが楽になるとおもうのですが。

しかし、今のメキシコの政治家で
そんな采配をふれる人がいるのか?心配です。


話がそれましたが。


引き続き、弊社は各村の担当者と打ち合わせしつつ
義援金を被災地の方へ物資としてとどけます。

本当に、みんさまからの
ご寄付・ご協力ありがとうございます!!

取り急ぎ、ご報告まで。


ご注意ください:
弊社の義援金の受付は

2017年9月21日(木)にて締め切りしております。