長くオアハカに住んでいて。
本当に自分が詐欺にあってお金を巻き上げられるとは思いませんでした!!!

本当に間が悪いというか。人の思い込みは恐ろしナぁと思ったので
今後、同じ事がないようにここに記載しておきます。

今日、昼前に携帯電話に非通知で電話。

知らない男性なので、誰?と聞くと。

当ててみて、今アメリカにいるんだよ。

丁度、間が悪く2日前ほどに、メキシコ人の友人とチャットをしてて
いま、ぼくアメリカにいるんだよ。と、いう会話をしたばかりでした。(これは本当)

なので、あー〇〇〇だね!元気?と友達だと思いました。

この思い込みが一番の原因。普段アメリカに友達なんていないので
いつも通りなら、即切りしていたと思います。

その後、私宛にプレゼント(色々なもの)を送ったんだけど。

業者止めにしてあって、正しい住所に送りたいから宅配業者に電話して話をしてくれって。

聞いたのは、「ups」と実際に存在する宅配業者の名前です。

電話番号は、614 323 9813 です。

同じく、友達と名乗る男性は、宅配と話をしたらここに
自分の電話に連絡をしてくれと言いました。

電話番号 618 207 5915

両方ともオアハカと関係ない電話番号ですが。
アメリカの電話番号かな?と勝手に思ってました。
(疑うポイントその1)

荷物番号も聞きましたが、
ネットで検索をかけても存在しない荷物番号でした。
この時点でupsに確認するべきでした。
(疑うポイントその2)

何度かかけたが、upsが留守伝で繋がらないと伝えると、
また電話してみてくれというのです。

つながると。担当者はフェルナンドと名乗り、英語を話し始め
英語はできないというと、スペイン語で話を進めてきました。

そちらに送る荷物が23インチのテレビとかアイフォンとか服とか色々あり。
電話がつながらずに、8月2日にプエルトエスコンディードにあるので、
今日の15時までに追加の保険料と送料を入金しないと送れないと言われます。
この時点で、プレゼントの内容がおかしいと思うべきでした。

実際、それをメキシコで販売するのか?と思いました。

あと、なんで自分の家じゃなくて私に?ともっと疑うできでした。

心のどこかで、頼られているのか?信頼されいるのか?と
うぬぼれてました。本当にここ反省点!!!

なんで、アメリカ経由の荷物がプエルとエスコンディードだったのか?
(疑うポイントその3)

偽友達に教えてもらった番号に確認すると。

送料も、税金もたくさん払ったのでどうしても受け取ってくれというのです。
すごい、必死で懇願されます。

しぶしぶ、手続きの方法を聞くと、
coppel a coppelの手法で国内送金をしてくれと言われました。

この時点で、振り込み先は

Tonala Jalisco VICTOR Manuel Miranda Duranです。

会社なのに、口座番号がないことが怪しかったです。
(疑うポイントその4)

それも、今日の15時までになんとかしないと
荷物がアメリカに送り返されるとのことでした。

この振り込み方法は、振り込み後、引き出し用の番号があり、
その番号をCOPPELの窓口にもっていくとすぐにお金が引き出せます。

なので、振り込み後に詐欺と気づいてキャンセルをお願いしましたが、
お金はすでに引き出されたあとでした。被害総額は最後に!!!

その後、振り込み請求をWhats APPに送ってくれというので

電話番号867 342 6970に送り、
現金はその時点で引き出されたと思います。

宅配業者から荷物発送の手続きをすると言われました。

どのくらいの量なのか?聞くと箱6個くらいだというんです。

スペースがないからおけないという事で
こちらとしても、なんの連絡もなく大量に高価な品を送るのは迷惑だと腹を立て
友達のメッセンジャーに事務所の写真と振り込み先口座などの連絡をいれました。

また、偽友達から。実は荷物を発送するときに、
茶色のジャケットに現金120万ドルくらいの封筒が入っていたんだが、
それを荷物と一緒に送ってしまった。それは内緒にしてくれという、変な話をしてきました。

自分には関係ない話だよと思い
「フーン。でもお金は銀行振り込みでして」と念を押しました。

何度も、お金はあるから心配しないでというんです。
本当に、お金のある人はそんなに何度も繰り返さない
(疑うポイントその5)

そのお金で支払いをしてくれというので。
いやだ銀行振り込みにしてくれと交渉してました。

その後、宅配業者の男から、
税関で荷物を開けたら、大金が入っていてこれは法律的に、刑務所にいれられるか
3万ペソを振り込みしないと罪は免れないと言われました。
COMANDANTEが住所に行って、払えないとそのまま刑務所行きになると。

この時点で、本当におかしいと気づくべきでした!!
話のタイミング良すぎるだろ!!wwww
(疑うポイントその6)

でも、私は、荷物も勝手に送ってきて、罰金まで払う必要も3万ペソも払う必要もないと
抗議、この時点で怒り心頭で理性を失っています。

そうすると、受取人があなたになっているのでどうにもできない。

運送会社でなんとか穏便にするから
その費用として3万ペソを同じ口座に振り込めというのです。

あなたのことを信じているから、私のことも信じてくれ。
お金さえ払えば、犯罪歴もないし、なんも問題ないと言われました。

わいろが行き交うメキシコなのでその方法しかないのかと思いました。
(疑うポイントその7)

3万ペソがないと言うと、
今日中に半分、明日の朝イチで半分の振り込みで
荷物もお金も全部そのまま届けるから心配ないと言われました。

すぐに振り込みしてくれ!と何度も促す。で、ないと大変なことになると脅す。
(疑うポイントその7)

この時に思ったのは、刑務所に入るくらいなら3万ペソを払おうという判断でした。

荷物やお金より、刑務所に入れられるというセリフが一番、私の理性を失わせました。

すぐに15000ペソを振り込みしろというので
ふたたびCOPPELに向かう途中。

別の友達に今起こっていることを相談してたところ!

本当の当の友達に荷物と配送料の件をメッセした返事がきました。

「自分じゃないし、なんかの間違いじゃない?」
そして、ボイスメッセージが入っていましたのですが。
電話の声と全く違いました。

普段、やり取りはメッセだったので気づきませんでした。

ソカロにいた警察官に助けを求め、
直接かけた電話の業者と話をしてもらったら。

警察官の質問途中に電話を切りました。

荷物の配送にしても、逮捕にしても
そういうのは、ちゃんとした手続きと書類が必要なのだけどと。
これは、詐欺と見破ってくれました。

今回の初回の被害は、スタートの自分の勝手な思い込みで起こったことだと再確認しました。

自分に怒ったことを振り返ると、疑うべきポイントは多々あります。
それなのに、初回の荷物の保険料と追加送料という名目で1万ペソも振り込みましたよ!!

また、本来やりとりしている番号や通話アプリなどで
本人にも確認をしなかったことを反省しています。

高い勉強代でした。

今後は、もっと気を引き締めて注意したいと思います。

みなさんが同じ被害に会わないように、恥を忍んで公開します。

気を付けてくださいね。

結構、本気で白熱の演技で話をしてきます。


いま、心配なのは。
宅配業者に聞かれた住所を悪用されないか?
教えてしまった銀行口座情報を悪用されないか?ということです。

詳しい方いらっしゃったら是非、教えてくださいm(__)m