さる♪オアハカ日記

メキシコはオアハカで、ミニピンと暮らし、好きなことにはとことん取り組み、現地の職人さんとお仕事してます。日々の珍生活や素敵な手仕事の紹介をしています。

メキシコ

オアハカ=かわいいの「背景」にあるもの。

昔もこんな内容書いた気がしますが。
再度ブログ記事にしてみました!

オアハカが現在こんなに注目を浴びていて、
メキシコの「かわいい」の代名詞みたいになっているけど。

 この「かわいい」というフレーズは最強だということも踏まえて、
ちょっと色々書きます、長文です。

私がはじめてオアハカに来た2005年は
まだ、バックパッカーが北米から中南米に移動する途中の町って感じだった。

そのころは日本のオアハカの代名詞が
モンテアルバン、ミトラ、タぺテ、バロ・ネグロ、
エルトゥーレの木とかチーズ、チャプリン、メスカルだったイメージがある。

でも、実際ここに生活してみると、
長い歴史とともにはぐくんだ文化や匠の技がわんさかあって!

おいしいものがあって、人が気候が本当に良い。

一つの州に色々な気候の土地があるために
オアハカの文化の幅と色はほかの州ではみれない複雑さ豊かさがあると思う。
(詳細は、著書をごらんください)

PB011651


初めて、オアハカを知った時の衝撃!!
旅行の本ではわからない現地の様々なものたち。

さらに、アメリカのフォークアート愛好家には知名度の高かった
オアハカの民芸品も日本ではまだ注目度が低かったイメージ。
知る人ぞ、知るというマニアックな感じ?

その、民芸品の世界は、蓋を開けたらすっごい奥が深くて、

さらに、素敵で!美しく!繊細で!
日本人ウケする言葉で表すなら「かわいい」なのかな?

初担当させていただいた現地コーディネーターのお仕事。
フィガロボヤージュのメキシコ特集を皮切りに、
日本へ紹介するオアハカのキーワードは「かわいい」

反響や影響の一番のターゲットが若い女性というのは、
出版会社からも、すでにロックオンされていた。

確かに、女性にウケなければ反響も注目も薄くなるのは
日本の特徴かもしれない。

あまりに、日本へ色々な魅力を紹介する
オアハカのキーワードの「かわいい」がはまりすぎて!!

ここ10年来のオアハカ人気は雑誌などが発行されてから
ウナギのぼりだと感じている。 出版会社さんの手腕すごい。

ある意味、それは、
オアハカに注目を集める作戦が大成功を収めたのだと思う。

すごいことだ!!!マジすごい!!

いままでステレオタイプだったメキシコと真逆の
オアハカの「かわいい」が多くの人にウケたのかもしれない。

では、かわいいという括りだけでいいのか?っていうと、
「かわいい」をキーワードにオアハカをアピールしてきた本人が言うのも変だけど。

可愛いの後ろに隠されたオアハカのキーワードは、
本物、歴史、匠、先住民族文化だと思う。

歴史がなければ、ただの「かわいい」は薄っぺらくなると思う。

本物だからこそ!!
「かわいい」のキーワードが意味を持っていると個人的に思う。

いまは多くの人がオアハカのことを
「かわいい」という一括りで表現しているけど、

そろそろ「かわいい」の背景にある。

本物、歴史、匠、先住民族文化などの
別のキーワードで紹介してもいいころでは?

オアハカをもっと知ってもらうためにも
色々な魅力を知ってもらうためにも

私は、かわいい+αを目指したいと思っている。
と、いうか「歴史ある本物」だと思うんですよ。

本当に、一言では言えない色々な魅力があるオアハカなので、
「かわいい」の一言で済まされるのは…実はちょっと納得いかないのですがw

そして、オアハカを
「かわいいだけでしょ?うち、かわいい路線じゃないんだよね」と失笑する
メキシコマニアに、たまに会うと。

「おい!ちょっと待て。お前はオアハカの何を知っているんじゃ?」と
いう気持ちになる点は反省ですね。

オアハカはかわいいよ!かわいいけど!なんで
こんなに、かわいくてとっても魅力的なのか気づいていますか?
という部分くらいまでオアハカの紹介を掘り下げたい。

多分、その奥のものを深く知ったら
みんな、もっともっとオアハカが好きになると思う!

オアハカの魅力にやられw虜になり。
現地に根付いて活動している自分だからこそ
これからも、色々な切り口から
オアハカの魅力を紹介していこう!と気分新たに思っています。

長文最後まで読んでいただきありがとうございました。


トルティージャ初心者の方へ!食べ方伝授。

仕事がら、メキシコやオアハカを
初めて旅行される方にも多くお会いします。

その中で、ご飯の時に、
出されたトルティージャを
どうやって食べていいか??
悩まれている場面にも遭遇します。

日本では、なんとな~~~く。

丸いトルティージャ1枚に具を置いて丸めて
かぶりつくってイメージなんですが。

実は、これ相当食べにくいですし。
具入れすぎるとはみ出しますし。
汚れますw

フラウタ型のtacos de cazuelaなんか以外では
現地の人は、トルティージャをちぎって食べます。

食べ方はこうです!

初心者でもわかりやすい!
これで、ご飯を食べたら現地の人っぽよ!アドバイス!
(オアハカではね!編)

まず、丸いトルティージャを適当にちぎります。

IMG_20190904_142144

IMG_20190905_132334


ちなみに、ちょっと扇型にちぎれたら
その後の作業がやりやすいです。

角を折込み、三角のスプーン型に整えます。
適当に折り込んでそれっぽくなっていれば大丈夫です。

IMG_20190904_142156

IMG_20190905_132349


くぼみの部分に具をのせて口にポイ、します。

IMG_20190904_142213

IMG_20190905_132304


それだけです。

これなら、必要以上にトルティージャを
食べないといけないこともないし。

食事がしやすい!食べやすいですよ~~。

ちなみに、ちぎるトルティージャの大きさや
のせる具の量は自分に最適な量でやりましょう。

あとスープや固形でないオカズの場合は。

トルティージャをくるくる丸めて棒状にしたものを
スープなどにドボンとか、
そのままかじりながらでも食べやすいです。

69712220_2444633262292232_5096514085852282880_n


写真は、丸めたトルティージャの写真が欲しかっただけなので
オカズはふつうにchile rellenoで汁物ではありませんw

メキシコ&オアハカに来たら是非お試しください。

地域によって食べ方は様々かもしれませんが!
オアハカで私がいつも食べている方法(現地の人から伝授)です。



色々な初めて!オアハカは奥が深い!面白い!

オアハカに住んで13年になりますが。

まだまだ、初めて見るものとかいっぱいあるなぁと感じた夏。
(夏はまだ終わってませんがw)

オアハカの奥が深いのか自分がぼんやりしているのか?
新しい領域に踏み込んだのか?色々あると思いますがw

ゲラゲッツァの開催時期終了後にシティのお友達が
6年ぶりぐらいにオアハカに遊びに来てくれて。
みんなで色々な場所を訪問!!

こんな料理が存在していたのか!!!とビックリしたのは
Ejutla de Crespo村にエフートラのソーセジ・トスターダスを
食べに行ったときに。

IMG_20190801_125136
大好物を友達にも味わってほしく。
本場!エフートラまで遠出しました!マジうま~!

トスターダ食べていたcasetaで
お母さんがこれがここのトラジューダよ~とでっかい
トラジューダを見せてくれた!

67607721_2522789621143986_3363286720815562752_n

オアハカで、主食?としてもトラジューダだけも売っているけど。
トラジューダ?(料理の方か?)
そこにチーズとフリフォーレスと野菜がのっかるの?って聞いたら

ふふふっと、笑いながら作業をすすめるお母さん。

67899511_2522789574477324_758308997601165312_n

67570003_2522789487810666_8800731505283301376_n


でっかいトルティージャにラード&フリホーレス
炭火に網なしで直焼きしてたtasajoと同じく直火であぶる。

67643135_2522789667810648_2451242547129876480_n

で、その上に、大量のtasajo!!!どーん!肉祭りか!?
サルサ!!!どばー!!

グルグルって巻いて、三頭分にカット!

67940403_2522789831143965_6417184317117562880_n

67556357_2522790027810612_1292040241263149056_n

67652630_2522790077810607_861700216309415936_n

それは、注文した地元女子3人のシェア飯?でした!

これは、ここではflautaっていうのよ~。って

いや、デカすぎ!!ダイナミックな調理法!
そして、超うまそう!!!

13年住んでいて、こんなん初めてみた~~~!

次回、シェア飯できるなら食べてみたい。

絶対一人では無理だからwwww
日本人なら4人前は網羅できそう!!

で、そのままその足でメスカル工房にたどり着いた。
最近では、色々なメスカル工房の見学が簡単にできるオアハカです。

67880463_2363193157102910_3962054309188730880_n

67921083_2363193337102892_5412420535474716672_n

生産者のDon Pablo氏が
ジョウロからヒッカラにメスカルを勢いよくつぐ!
泡立つメスカル・・・何度も何度も見せてくれる。

67759691_2363193803769512_5410884603630059520_n


????ん?何をしているの?
空気に触れると味が変わるの?まろやかになるの?(←それはワイン!w)

メスカル好きの友達が。
この泡が立って!すーっと消えていくのが
100%アガベのいいメスカルなんだよ!と
教えてくれた!そうなのか!!
いや、いままでこんなデモ見せてくれた工房あったか?
(あったかもしれないが覚えてないだけか?)

おまけに、この工房ではいま、アガベを栽培してメスカルを
ほとんど作ってないという。

理由としては、最近のお客さんはオアハカに自生している
sirvestreの種類を欲しがるからだそうだ。

67948969_2363193867102839_532953210336313344_n

Tobalaも好きだけど、Cuhisheもうまい!
人気のアガベ種。

67658957_2363193950436164_5490119727969730560_n

このポリタンク!全部自生のメスカル。

なるほど。色々なアガベのメスカルを飲ませてもらったが
みんな、味が素材によって色々で
再度、メスカルって奥が深いなぁと感心しました。

自分、基本祭りとかイベントで振る舞われるメスカルなら飲みますが
一人、家でしっぽり飲んだりしないのでw

そして、数年まえからオアハカ市内で目にしてた
存在だけは知っていたサンタ・アナ・セガッチェ村のZEGA-COLA。

この村は可愛い教会のある村としても有名です。

IMG_20190802_154536


ナチュラルな材料で、
セガッチェで手作りされている
ARTESANALコーラなんです!

EBJRrIYXoAIcAfB

EBJRtH3XYAAso2G


EBJRsMuWkAAIMDG
フアレス市場で飲めます。

今回は、それが飲めるお店に出会い!
さっそく試してみた!!初!ZEGA-COLA!

いや、いや、いや!コーラをそこまでして
味をそっくりに体にいいもので作って飲みたいのか?って疑問もあったけどwww


正直、猛暑のオアハカでは、体がコーラを欲しがるという生理現象も経験済み。


飲まないという選択肢を選ぶなら、
こんな手作り健康コーラもありかもしれない。

早速、味見!
個人的感想は、甘くないコカ・コーラ・ライト?

瓶か缶に入って持ち帰りできるのか?って思ったら
原液の瓶を買って、家で炭酸水と氷を入れて飲むそうだ!

1本お買い上げ~~~。
カルピスと同じノリでコーラが作れる。

67783313_2371575382931354_4633758576916037632_n

本日、オアハカの猛暑で帰宅後にさっそく
おうちコーラをつくって飲みました!

コーラを飲むと罪悪感がありますが。
これは、罪悪感なく飲めますW

VIVA!! ZEGA-COLA!!

おすすめなんで、飲んでみてください。


Diosa Centéotl 2019 観に行ってきた。

実は、今回初めてです!
Diosa Centéotl のコンテスト観に行ったのw

P6301543

Diosa Centéotl =Centeotlの女神ってことですが。

昔、Centéotl のトウモロコシの女神さまを
たたえる祭りをしていたというのが
ゲラゲッツアのコンセプトに取り入れられていることから。

ゲラゲッツアの女王=Centéotl の女神となるのです。

勝手にゲラゲッツアの女王と呼んでますが。
直訳すると違うんですけどね、すいません。

7月のゲラゲッツアには開催前にこの女王の入場がありますし。
大きな、ゲラゲッツアパレードにも参加します。

P6301216

P6301225

P6301228

P6301232

P6301237

P6301239

P6301250

そして、毎年女王がもつ、Centéotlをモチーフにした
トロフィーのような?ステッキのような?
女王が持つCentéotlのシンボル…

去年に引き続き。
Jacobo & Maria Angelesの工房で作られました!
工房で、作業途中のものを見せてもらってましたが
完成した作品のすばらしさ!!!!

P6301191


二年連続とかすごいわ~!!!

で、毎年あるのは知ってましたが、
二日間に渡って行われる一次審査の夜には雨が降りそうだなとか。
二次審査と女王決定の二日目は暑くて死にそうだな。とかw

で、今年は初日の会場の様子をSNSで見ていたら
なんかテントはあるし。

これ、絶対写真きれいにとれないやつだ~とか思ったんですが。

自分にとっては超高級望遠レンズを今年購入したので
朝早くに出発して会場へ行ってきました!

ぶっちゃけいいます!!

場所とり含めて会場に一時間前に到着し
終了まで、5時間の長丁場でございます!!!

うわぁ~結構きついわ~。

でも、みるべきおすすめポイントは参加してる
8地区、41名の女王候補が一人2分の持ち時間の中で
自分の着用している衣装について細かく説明してくれたり
村の文化を語ってくれたりします!!

めっちゃ勉強になるよ!!
民族衣装好きの人にはたまらないね!
おまけに無料ですしね!!

そして、今回は私の大好きな村Loma Bonita村の代表者が
女王に選ばれました!!!すごーい!!!

P6301536

P6301538

で、本当に偶然なんですが。
今回、場所取りしたら、私は
Loma Bonitaの応援に来てた村の関係者の中にいましたw

ハラーナ弾いていた、おにいさん。
「昔、アタシもハラーナ習っていたし。
Loma Bonitaのダビってレキント弾きが友達」って
「お!俺も友達だよ!」とか雑談をしながら盛り上げってました。

ついでに、Loma Bonitaの白いかわいいブラウスも
来月に購入させてもらうことになりました!やった~!!!
と、喜んでいますが。

現在、発表された演目プログラムをみると。
アタシが観に行けない回しか出演しないのです( ;∀;)

残念。

あと、会場で気合入りまくりの刺繍シャツ来た男性発見!!

64979085_2307797452642481_6445254870449520640_n

目が釘付けwww

すごーっ!!!おらが村!郷土愛の塊みたいだ。

そして、人が集まるところにメスカルあり!
オアハカ特産のCHILE DE AGUAの中身をくりぬき。

メスカル飲むときのコップにします。

D-VMqHRXoAEHcHe

D-VMnVUXsAAa8DF

余談ですが、チレ・デ・アグアっていうネーミングだけだと
辛さを想像しずらいのですが、
都市部のメキシコ人もビックリの辛さです。

実は、アタシこの男性が会場で、
チレのヘタをナイフで丁寧に切り取り
コップの形状にする作業をじーっと凝視していましたw

「飲む?」って聞かれて。

「じゃ、少しだけ~!」と

アタシも1杯いただきましたがW

メスカル+チレの辛さで
のど焼ける~~~~~~!!!!!W

さて、このコンテスト個人的感想を言えば、
想像していた以上におもしろかったので
来年もいけたら行きたいと思います。

さる屋のFBページ に写真を多数掲載しましたので
よろしければ、ぜひ、ご覧ください。


La Geulaguetzaとは何ぞや?さる屋的ぶっちゃけ見解。

昨日のゲラゲッツアのチケット販売の件をみて。

昔から地元の人たちの一部にも
ゲラゲッツアなんて、お金儲けの手段だ!とかいう人多いですw

さて、お金儲けとか、商業的とか言っている側とは違う側面から!

アタシは自分の考えで
ゲラゲッツアとはなんぞや?と書いてみたいと思います。

P1016693

IMG_7942

IMG_7849

IMG_7693

IMG_8527


まず、多くの人の認識はゲラゲッツアは伝統的な先住民族のお祭りを
そのままに引き継いだものと考えている人が多いのではないか?と感じます。

いや、現地の本や話を聞くと違うんだよ!!という点が多々あります。


そんな風に感じたので、今年ゲラゲッツアガイドブックを自費出版しました。

そして、著書でも別の切り口から説明しているので

よろしければ、2冊あわせてご覧ください。


実は!ゲラゲッツアって
オアハカ市が市設立400周年記念のために1932年に考えたイベントです。
(と、いうかそれが始まりです)


元々、先住民たちの伝統的な踊りや文化お祭りはありました。


それをオアハカ市が400周年を祝うときに
なんか、オアハカらしいオアハカを称えるイベントをしようや!って考え。

オアハカの各地の先住民族の伝統や生活様式(お祭りの様子)を
オアハカ市内に集めて一同に披露しようぜ!ってなったわけです。

オアハカを称えるために。

アタシがオアハカ市をすごい!と称賛したいのは
オアハカ州に住む全ての先住民族がオアハカの民であると考えないと
そんな流れには行かなかったのではないか?ということです。

現在でも、バスで村へ移動する際に、普通に8時間や10時間かかります。

80年以上も前の道路整備もままならない状況の中で
オアハカの市民が知らない、
海側とか山川とかの離れた村同士もしらない他のオアハカの地域の
文化や伝統の交流をと、考えたそのポイントが素晴らし!!!

と、いうわけでオアハカ市内から離れた村々の人たちが
音楽や踊りを通じて自分たちの文化・伝統を披露したのが始まりだと思います。

そして、この400周年記念イベントで行われたゲラゲッツアのもとになるものは
その後、周辺の人に受けいれられ話題になったようです。

なので、ゲラゲッツアの精神のもとは
先住民族のお祭りなどが基盤になっていますが。

オアハカの7地区(今は8地区)の先住民を集めて
一か所で踊りを披露しよう!という形になったのは87年くらい昔からです。

さらに、ゲラゲッツアの人気演目Flor de Piñaは
オアハカ市から、もっとpapaloapanらしい踊りと音楽を取り入れて!って
要望から作られました、それが約60年くらい前の話です。

去年の記事はこちらから

もともと、papaloapan地域はベラクルスとも近く
現地では、お祭りなどでは、Son Jarochoが盛んに奏でられます。
一部の村では、独自の踊りもあったりしますが。

でも~オアハカ市から、いやいやちゃうねん。
ベラクルスみたいんじゃなくて、
なんかもっとオアハカとしてのpapaloapanらしいのお願いするわ。と
なったとかwwww

で、結果!今では花形演目です。


ちなみに、オアハカのパパロアパン地方のROMA BONITAが
数年前から地元密着型?でSon Jarochoを引き下げてゲラゲッツアで披露しています。
アタシの大好きな演目!!今年も見れることを祈る!!


と、いうわけでごっちゃになりやすいと思いますが。

元々、ゲラゲッツアは

もっとオアハカの各地の文化や伝統を知ってもらおうや!とか

オアハカで!いや、このあたりで世界規模にでかい祭りにしようや!とか

オアハカの文化や伝統を集めて披露して、たくさんの人に知ってもらおうや!とか

いう、目的からのオアハカ市が立ち上げたものだと思ってます。


その後の政府の細かいやり方をどうこう言うつもりはないですが。

オアハカを知ってもらう効果!

オアハカという観光地にもっとたくさんの人を誘致する!

オアハカの経済効果を上げる!という意味もあるでしょうし。


昔からの伝統をいい意味で発展させてきたとアタシは感じます。


伝統をなくすのではなく、
ゲラゲッツアを通じて世界に発信し
伝統を繋げているのですから。


自分の伝統文化を、晴れの舞台で披露できるのは
ある意味、地方から出てる人にとっても、郷土愛溢れるイベントだと思います。


うん、かなり個人的意見でざっくりと分かりやすく説明したつもりですが

もう、ゲラゲッツアのお祭りは
昔からある先住民族のお祭りそのものと言う見方から離れていいのでは?と個人的に思います。

だって、歴史的に見ていくと、別物ですから。

これを読んでゲラゲッツアへの浪漫を壊された!!と、思った方はすいません。

でも、オアハカの各地域の伝統を音楽と踊りを通じて感じることのできる
ゲラゲッツアはオアハカをもっと深く知ってもらうため、
感じてもらうには素晴らしい手段だと思います。



※ご注意
自己満足で書き切りましたが、このブログ内容をゲラゲッツアのテーマで紹介したい方は、リンクを張っていただくか掲載したい旨、ご一報をください。

万が一、記事のみ無断使用された場合は、アタシも激おこしますがw

掲載前に、ひと声かけていただくか、ご相談していただく(こちらから
または連絡なしでも、リンクで情報元をはっきりさせていただくという事であれば大歓迎ですし!
そうした方がお互いに良い関係を築けると思います。

ご理解いただけると幸いです。





さる屋事務所訪問について
オアハカ市内の観光地区に、さる屋のショップはございません。
在庫管理等している事務所がありますが、仕事柄、村への外出等で不在の場合がほとんどです。
さる屋での商品購入、お仕事依頼・お打合せ等ご希望の方は、さる屋サイトお問い合わせより訪問予約をお願いいたします。前日、当日の訪問予約は仕事の都合上お受けできないこともございますので、ご予約は余裕を持ってお願いいたします
また、現地状況・観光案内の情報提供のみのサービスは承っておりません。ご理解いただけますよう何卒よろしくお願いいたします。
コレ1冊でオアハカが楽しくなる!


1年かけて撮影・執筆をいたしました、イカロス出版「アルテサニアがかわいいメキシコ・オアハカへ」オアハカの手仕事がわかりやすく説明されています。
イカロス出版オンラインアマゾンでも購入できます。
ブログ掲載画像について。
さる屋ブログ掲載の民芸品画像デザインの転写、転載、無断使用を固く禁じます。
お役に立ったら…!
ポチ!お願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村
最新コメント
プロフィール

さる

月別アーカイブ
  • ライブドアブログ