さる♪オアハカ日記

メキシコはオアハカで、ミニピンと暮らし、好きなことにはとことん取り組み、現地の職人さんとお仕事してます。日々の珍生活や素敵な手仕事の紹介をしています。

オアハカのものもの

生ヒカラがいっぱい。

みなさん、ヒカラってご存じですか?

オアハカやメキシコで、水をくむ道具として。
遥か昔からスープや飲料やメスカルを飲むコップや器としても使われています。

eda89eb1
こんな感じで!これは彫り入りですが、オアハカやメキシコでご覧になったことあると思います。

熱にも強いので、熱々に焼いた石を投入して作る
caldo de Piedraにも使われます。

RIMG0210

RIMG0215


オアハカだと、コスタと呼ばれる海岸地方で収穫され、民芸品としても利用されます。

昔、私もヒカラを彫るワークショップに参加したことがあり、その時の記事です。

今日は、ヒカラを彫っている職人の工房へお仕事で行ってきました。
なんと、彼の村から大量の生ヒカラが到着していたんです。

ほほーっ。これだけの量の収穫された生ヒカラを見るのは私も初めてです。

225250542_4278413082247565_7374503404717650712_n

224718762_4278408585581348_8149556389385855159_n

224872361_4278413358914204_7281740050284611794_n

だって、コスタ地方ってバスで行くと10時間くらい普通にかかるので、ちょいと行ってきます!とはなかなかならないです。オアハカ広いなぁ(ちなみにオアハカは、メキシコで5番目に大きい州です)。

木になっている様子はこんな感じです。

53adbc3f

さて、私が過去に受けたヒカラ彫りのワークショップはすでに乾燥しているものを使いました。
6cafc398
市場に良く売っているこういうヤツです。

なので、素材はすでに乾燥したものを使うのか!とずっと思ってたんですが。

ここの職人さん曰く。

緑のうちに彫って乾燥させても同じ!と。
緑のヒカラを彫ってみせてくれました。

まず。生ヒカラを半分に割って

224960145_4278407158914824_4441934086328411517_n

中身を取り出し外の固い部分だけ残します。
225602903_4278406555581551_2750993184255168887_n

225159920_4278406868914853_254965115355810595_n

その他、内側を漂白したり、水につけてきれいにしたりの工程もあるんですが。

緑の表面に下絵なく彫ります。
227071449_4278406452248228_8773220878337313128_n


228829579_4278406095581597_7887622592239050739_n

231166995_4278406272248246_1690199874436704923_n

ワークショップの先生もそうでしたか、みなさん下絵などは描かずに一発で彫っていきます。
まさに、職人技だと思いました!!すごいっ!!

でも木彫りのアレブリヘスに使われるコパルの木もまだ湿った木が柔らかいうちに彫るからそんな感じなんだろうなぁ、乾燥しているより彫りやすいのかも!と一人猛烈に感動してました。

乾燥したら、普通に薄茶のヒカラになるそうです。

このように!ヒカラの商品を作れる人がいるんです。
ならば!もっとヒカラの販売に力を入れていきたい!と思いました。

ヒカラのピアスとか彫が美しくて良いよね。
E5lM8guWEAIM1ZT

あと、手書きのゆるさはあるけど。ロゴ入りとか名入れもできますよ。
E5lNB4iWUAgtGho

ヒカラ商品に興味のある方!ご連絡 お待ちしています。


Jacobo & Maria Angeles工房の特注品紹介。

先日、去年のオンラインツアーで!
Jacobo & Maria Angelesの工房をご紹介したときに、工房にて乾燥中だったウーパールーパーにひとめぼれしたお客様より。

特注品として弊社経由でご注文いただきました、セミオーダーメイドの作品です。

あまりの仕上がりの素晴らしさに、こちらでご紹介させていただく許可をいただきました。

こちら!!完成品です!!

184936201_4045111862244356_8742885007106803047_n

185030205_4045111758911033_4243429090266664852_n

184825257_4045111612244381_8829750574386456561_n

185363312_4045111692244373_2010814460686097068_n

お客様の特注品とはいえ、私もマジで惚れましたー!!

どの辺がセミオーダーなのかというと、すでに木彫りされた状態のものに
お客様のご希望の色合いで仕上げてもらったという部分です。


まず、当初ご覧になった状態。

126824785_3576512882437592_9175164271596261695_o
色がなくても、造形だけでも素晴らしいです!

また、弊社が発注を承り、工房とのやり取り、支払い、発送の担当の他。

各プロセスの写真が工房から送られてくるので、
その都度お客様に、画像付きでご報告もさせていただいています。


お客様のご希望の色のトーンは、こちらの画像です。

Alebrijes-1
このイメージで色付けしてもらいました!

乾燥作業後、地色の塗りから、絵付けのプロセスを工程を追って
こんな感じで、ご報告させていただきます。

185262616_4045112558910953_8723215799783086069_n

183650299_4045112655577610_9026883079668255599_n

まだ、ベースの色のみの状態。

174402515_3971676759587867_5715299622394848557_n

174427456_3971676652921211_6154813930745465156_n
絵付けのプロセスが見れるというのは、
遠く日本と離れていても、感動的なものがありますよね!
そして、見本の色合いを忠実にさらに、造形にあわせて素敵に仕上げてくれる職人技!

木彫りの部分から入ると、時間がかなりかかります。
大きさによっては納品まで2年とか3年とか?

実は、工房内にはフリーの作品もいくつかあるんです。

そのフリーの作品の中から彫の状態のものをお選びいただき、着色してもらうという方法だと、納期も半年~8か月と、ちょっと短く済むので、おすすめの方法かもしれません。

もちろん、ご希望の動物の写真などお送りいただければ、一から制作してもらえるというものです。

世界に一つの素晴らしい作品!!

今回かかった時間は、乾燥作業からのお買い上げで、納品まで約6か月でした。

これだけの大物なので、このクオリティでいくらしたか知りたい方は
直接 お問い合わせ ください。

ちなみに送料は、41㎝×41㎝×28㎝ほど、パッキンで厳重に梱包しますので!
ボリュームを重量に計算し6㎏の扱い。DHLを利用し、約25000円でした。

破損もなく、約1週間でお手元に無事に到着してます!

まぁ、地球の裏側からの発送です。特に送料はバカにならないです。が!そこは重要なのでご理解いただきたいです。

だってオアハカから日本へ到着しないと意味ないですもんねw

上記金額は、発注ご検討の際、お見積り金額のご参考までに。


ハコボさんの工房の作品は、全世界の博物館・美術館にも認められた作品です。

お土産屋さんの、お手頃価格のアレブリヘスとはお値段が違ってあたりまえなので、その辺はご理解ください!(たまに、民芸品というだけで安いと思われる方がいるのですw)

世界にひとつの、素晴らしい作品をご検討の方!記念品や特別なプレゼントに!

是非、さる屋経由でご注文ください!
現地からしっかりしたサポートと日本語で満足いく作品を日本までお届けいたします。

ご興味を持たれた方、詳細は こちら まで。


サンアントニーノ刺繍ブラウスFINO!3万切って販売中!

ご無沙汰です。

コロナ禍の中、どこぞに行くわけでもなくw
事務所で仕事にいそしんでおります。

さらに、最近はアマゾン・メキシコを利用し初めて!商品の物撮り用品を購入しまくり。
少しでも、きれいな商品撮影を目指して日々精進中です。

さて、さる屋ネットショップのカテゴリー

「オアハカより国際郵便」にて!

サンアントニーノのマリアさんの刺繍ブラウスFINOを大幅値下げして!!
オアハカから送料込み!3万円切ったお値段で手の込んだ上質な刺繍ラインナップを販売しています。

※カテゴリー「刺しゅう」のサンアントニーノ刺繍ブラウスは対象外です!


全体的に、しっとりした落ち着いた色味のラインナップなので
日本国内で着用もしやすいと思います。

P1017636

P1017637

P1017633

P1017632

P1017641

P1017640

P1017638

P1017624

P1017625

P1017628


本日5月3日よりお得な価格で販売中です。

値下げになっている理由諸々ですが。。。

マリアさんからの委託品商品なので、
ご本人から商品が動いてくれたらいいと希望がありましたので、値下げしてます。

今年2月に入ってから、再度オアハカからの国際郵便が延滞気味です。
お待たせしてすいませんっ!!!!の気持ちで値引きです。

そして、気が早いのですが、
来月6月22日に「さる屋」はオアハカ満15周年を迎えますので!

お祝いだー!みなさんにお礼の気持ちを還元!!!と

色々な理由が組み合わっているわけですw

来月の6月22日から15周年記念の値引きキャンペーンをスタートすると!夏のメキシコ刺繍ブラウス大活躍の時期に間に合わんのでフライングぎみに!!お祝い値引きサービス初めてます!

と、いうわけで数量限定なので。ご利用はお早めに。

こちらの商品は、裾部分にも刺繍がはいっておりますので
他の刺繍ブラウスより、割高です。
P1017644

P1017643


あと、人気のパステル色のワンピースも3万円切っています。

P1016711


脇に、鍵編みの入っているゴージャスバージョンは
3万ちょっとのお値段まで値引きしてあり!お買い得です!
P1016716

オアハカより国際郵便は、商品がすべてオアハカの事務所にありますので。
オアハカから日本以外にも、諸外国へ発送可能です!

送料込みの価格ですが、Registradoでの日本までの送料です。

なので、送料は発送先・発送方法により変動します。

詳しくは、こちら からご連絡をお待ちしています。

春~夏!新商品・お買い得商品が目白押しです。

さて、もう2021年4月ですね。
さる屋は、6月22日でオアハカ生活も満15年を迎えます!

メキシコでは、15歳の女の子の成人を祝い、
キンセアニョスという大きなお祝い事をしたりもします。

そんなメキシコのノリ?に便乗すれば、
さる屋の15周年というのはある意味一つの区切りとなります。

新型コロナの影響で人が集まるフィエスタやバカ騒ぎは事は出来そうもないですが。

15周年を記念して、ネットショップでは特価で素敵な刺繍商品などご提供します。

6月22日にこだわらず、その周辺・前後の1か月間はキャンペーン期間の視野に入れておりますw

そして、新型コロナの影響で、ガイドの仕事も減り。
他地区や日本へのイベント活動もまだ再開は見送りですし。

結構、開いた時間を利用して、色々なさる屋だけの新商品もどんどん販売していきます。

去年末のアイデアは、サンプル品や試行錯誤を積み重ね、販売まで約3か月から4か月かかっていますね、でもアイデアが形になったときの喜びは、最高です。

昨日は、Jalapa de Diazのテキスタイルパネルの布張り作業に立ち会ってきました。

刺繍の部分はパネル用に特注したものです。

173736618_3973998026022407_470312103994652936_n

172824551_3973997896022420_2646694085384572938_n


あと、黒地だけでなく白地もあります。

さる屋のインスタグラム に掲載してありますので、ご覧ください。


ちなみに、最近はTwiterインスタでさる屋の情報を先だししていたりするので
よろしければ、そちらもフォローしていただけると嬉しいです。


ネットショップ用に日本へ発送した商品達です。

やっと数が出せました。L字型ポーチ。

P1017326

マスクも入りますし、結構大容量でなんでも入りますw

P1017289

P1017291

P1017295


手刺繍入りの贅沢なカード入れとか。

P1017386

P1017385

こちらは機械刺繍がさりげない、イスモ地方のカード入れ。

P1017126

刺繍クッションカバー

P1017390

P1017231

P1017252

人気のアルマンド・ヒメネス氏のアレブリヘスとか。
大物2点がネットショップ掲載予定です。

P1017045

P1017040

花柄のミニアレブリヘスも!!もちろん。

P1017067

P1017069

P1017071

P1017072


15周年記念のお祝いキャンペーン用商品も待機中です!

P1017415

P1017417

P1017418


P1017461

P1017463

P1017460

P1017506

P1017512

P1017502

P1017200

P1017201

P1017202

各タイプ、色・デザインは幅広く取り揃えております。

どうぞお楽しみに。

みなさま、良い週末を。


今日はDia del Artesanoです。図案盗作について最近の意見。

ちょうど、今日はメキシコの3月19日のDia del Artesanoです。
職人さんの日。

162072537_3889105061178371_2348646851730957137_n

162547654_3889104931178384_8179977527004860953_n
写真は昨日訪問したARIPOの民芸品の展示即売会。

手仕事・民芸品で生活や文化を将来につなげているみなさんの事を考えて、応援する気持ちを新たに、メキシコの民芸品がずっと繁栄し、良い方向へ向かうことを祈り、感謝します。

図案盗作問題その他について、ちょっと深く考える良い日だと思い、最近感じている個人的意見を書きます。

数年前からメキシコの伝統的な刺繍図案をプリント生地にして売っていたり。
それで、小物やマスクやTシャツ等を作って売っているメキシコ人の商売人の方が多くいます。

私的には、そのプリント図案は無断使用じゃないの?って思ってます。

どこぞの企業が作っているのかしりませんが。オアハカの全地域、またはメキシコの全地域で販売しているので、大きな企業さんなのでしょう。

私の個人的意見は、これはメキシコ人がメキシコ人の刺しゅう図案を盗作していると思ってます。

同じメキシコ人と言っても、先住民族で手仕事で日々の収入を得ている人と、都会のメキシコ人ではタイプや独自の持っている文化が違うと思っているので。

例えば昔80年代にオアハカの紫貝を乱獲して、絶滅危機に追い込んだ日本人という話がありますが。

私の疑問や意見を言えば、紫貝の乱獲を手引きしたのは、地元の紫貝で生計をたてている知識のある先住民族の方だったんでしょうか?彼らは少なくとも紫貝の扱いには通じているはずです。

紫貝のプロを通しているのなら無理な乱獲で紫貝が絶滅の寸前の事態は避けられたと、私は思うのですが!(それとも単純に大金に目がくらんだのだろうか?)なので、乱獲の手引きをしたのは、現地の紫貝で生計をたてていた先住民族ではない国際的な活動もできる都心のメキシコ人ではないか?

日本から大金を得られる商売に力をいれた、紫貝の生産に関係ないメキシコ人が関わった結果の悲劇ではないか?と思います。あくまでも個人の見解です。

そのように、その道のプロ。餅は餅屋。という言葉もあるように同じメキシコ国内でも、物事に精通した昔から家業をついでいる人と、金儲け第一主義な人がいるのではないでしょうか?

なので、現在メキシコ全土で販売している。

オトミの刺しゅう柄。

オアハカのJalapa de Diaz柄。

オアハカのいイスモ刺繍柄など。

162378383_3889080951180782_1770235178138377749_o

どこの企業が布に印刷して販売しているのか知りませんが。

個人的には、そういうのを手放しで応援できないので。

私は 絶対 そんな商品  は 買いません

理由は、買ってもそれを自分の文化として持っている一部の人たちにコミッションが入っているのか?利益に結びついているのか?商品開発に携わっているのか?許可をとっているのか?わからないからです。逆にこのような仕事をしているので意識しているのかもしれません。

許可をとっているのであれば、今後は購入も検討しますが、現時点では、話し合いしてないのかも!という黒よりのグレーです(自分の中で)まぁ、それをやっていたら逆にめっちゃアピールしていると思うんですよねw

外国人が盗作したら許せないけど、メキシコ人なら問題ないってわけではないはずなので、その図案で利益を得ている先住民族スルーで、おこぼれに預かっている企業はメキシコ企業だったとしても、許せないですね。

私の体験ですが。自分で言うのもなんですが、メキシコのオアハカ(限定)先住民族の図案についてはある程度の知識があるのですが。知らない事もたくさんあって先日、糸切ばさみを探していて、トリの形の可愛いのを見つけてアマゾンで購入したら。

なんと!その後にその鳥は、ドイツの有名はさみメーカーのパクリだったと知りました。

購入してから後悔しました。そんなバッタもん買ってしまった自分がなさけない!

ひとえに、自分の情弱さが許せなかったです。

次回からはその糸切ばさみも買いませんよ!

そして、自分も含めて知らずに購入した、バッタもんだったとわかった商品に対して、言葉の通じない国の製造元にそれは盗作だからやめろ!と抗議して物事を正せる人はどのくらいいるのでしょうか?

その時の、糸切りハサミに関しては、盗作だと知っても私は抗議するまでの労力はそんなに使えないと正直おもい、その代わり、今後は絶対に購入しないという自分のできる範囲での行動をとることにしました。

さて盗作に腹を立て、実際に販売元に直接抗議している人はどのくらいいますかね?

実際やるとしたら。すっごい、言葉の問題と時間とお金がかかるでしょう。

でも、直接企業に抗議する人が増えたら、盗作問題はなくなるかもしれないですね。

最近は、どっかの国のアパレルメーカーが先住民族の刺しゅう図案を盗作したらメキシコ国民やその他メキシコの民芸品を愛する人たちと国にめっちゃ叩かれ、社会的制裁が加わります。

では、その服を商品を買った人はどうですか?

攻められるべきは、商品を買った人でしょうか?

それとも、それを販売して利益を上げている企業側でしょうか?

両方でしょうか?

絶対に許せない盗作問題だったとしても、問題定義している自分が企業に直面して動かないのであれば、逆に盗作商品を購入した人を攻める権利もないと思います。わたしは。

なぜこんな話をしているのかというと、実は前に、先住民族の図案がプリントされた生地で趣味で小物を作ってSNSにアップしたら、すごくそのことについて責められた、どうおもわれますか?的な内容の相談を受けたんです。

私は、購入した生地が先住民の図案盗作だとしたら。

知らずに布を買った人は、今後は自分の意思で不買運動したらいいと思います。

そして、布を買って小物を作った人をSNSで個人攻撃するのも違うと思います。

ちゃんと、親切に知らない事を教えてあげるのと、
物事を知らない人に自分の意見を押し付けて批評するのは違います。

売れそうだから、売れるから作って売る。
それも、ワンシーズンだけの商品だから手っ取りばやく手続きスルーで売る。
ネットで情報搾取して、好き放題使いまわす、などを普通にやっている販売・製造元の企業のモラルの問題だと思います。

販売元の企業に交渉できないのであれば。商品を購入した、自分が攻撃できる範囲の人のみを攻撃するのもまたお門違いな気がします。

みんなが盗作問題をちゃんと意識して、盗作した商品を買わない。褒めない。賞賛しない。オリジナル商品について知識を深める。など自分のできる範囲で抗議していけばいいのかな?とも思います。なによりも、メキシコが抱えている盗作問題に興味がないのであれば、知らずにスルーしてしまうものだと思います。

私は、盗作案のアイデアが自分の所の商品だとわかったら、企業にちゃんと直接抗議します。
そして、過去にそれをしました。

出所のわからない刺繍図案の盗作については、絶対に買わないと心に決めています。

そして、最近出回っている先住民の図案を使っている布問題については、みんなどんな意見があるのだろう?と思っています。

私の知り合いのJalapa de Diazの刺繍生産者は、最近はプリントされた刺繍図案で商品が作りまくられていることを快くは思ってない。あくまでも自分達が刺繍した商品を売っていく!作っていく!と話をしてくれました。私もその考えに、賛同し刺繍入りTシャツの発注をお願いしています。

さる屋事務所訪問について
現在、ZOOMアプリを使用した「さる屋オンライン事務所訪問ショッピング」を開催しています。
詳細・お申込みは、2020年10月4日のブログ記事をご覧ください。
卸買い付け業務・お仕事依頼等は、さる屋サイトお問い合わせよりご連絡をお願いいたします。
また、現地状況・観光案内の情報提供のみのサービスは承っておりません。ご理解いただけますよう何卒よろしくお願いいたします。
コレ1冊でオアハカが楽しくなる!


1年かけて撮影・執筆をいたしました、イカロス出版「アルテサニアがかわいいメキシコ・オアハカへ」オアハカの手仕事がわかりやすく説明されています。
イカロス出版オンラインアマゾンでも購入できます。
ブログ掲載画像について。
さる屋ブログ掲載の民芸品画像デザインの転写、転載、無断使用を固く禁じます。
お役に立ったら…!
ポチ!お願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村
最新コメント
プロフィール

さる

月別アーカイブ
  • ライブドアブログ