さる♪オアハカ日記

メキシコはオアハカで、うさぎ&ミニピンと暮らし、好きなことにはとことん取り組み、現地の職人さんとお仕事してます。日々の珍生活や素敵な手仕事の紹介をしています。

すごいお知らせ。

世界手芸紀行 予約販売開始です。

宣伝です!!!

2017年1月30日に発売予定の
世界手芸紀行(日本ヴォーグ社) 

amazonで予約開始です!!


なんと表紙は、サンアントニーノの刺繍!!

美しい。 

_SX381_BO1,204,203,200_


そして、海外で手仕事に携わる一人として
取材インタビューしていただきました。

マジで、人生何がおこるかわりませんが。


一度きりの人生!!

自分の決断ひとつで色々な形に変化するのではないでしょうか?


海外で何かしたいと思われる方にもヒントになる

面白い話がいっぱいだと思います。


是非、お手に取ってご覧ください!



 

ついに実現!オアハカ観光プロモーション!

オアハカ観光プロモーション
さる屋+ルチャ・ドール バージョンが実現しました!!!

もう、ブログを読まれててお気づきの方も多いと思いますが。
今年の5月からガチでルチャ・リブレにはまり。

試合をプエブラ、メキシコシティ、オアハカを週替り?で
観戦し、気づけばもう半年近くになりました(笑)

そして今回!!!なんと!!!

さる屋+日本人ルチャ・ドールで
オアハカの観光地を写真で紹介する!!という

弊社にとっては、夢の企画が実現しました~~~~。

きちんと、選手への撮影の申込み手続きも済ませ
オアハカ観光プロモーション開始です。

って、いうかこのレベルってイチ個人経営主がやるというより
オアハカ観光局が手掛けてもいいレベルなのでは???と
今更ながら感じました・・・。

そのくらいスゴイ事なのだと思います。


同行していただたのは、

cmllではMaestro級の
メキシコ在住11年半のOkumura選手 と

いつも自分の持てる力の全てで応援している
Kamaitachi選手です。
アタシすでに奥村選手からkamaitchi選手大ファンの認定をいただいてます!(笑)


IMG_3640


さる屋事務所で記念撮影!!!光栄です!


大好きなオアハカ+大好きなルチャドールのコラボで
このような、オアハカ観光紹介の1日になったわけです!!!

ある意味、遠く異国の地メキシコでがんばっている
日本人のコラボとも言えます!!

まさか、こんなすごい事ができるとは!夢にも思わず!
もう、感無量です。

きっと、オアハカへの9年分の気持ちと
リミッターを外した、ルチャ観戦への熱い思いと行動が
生みだした結果だと受け止めています。

さて、いつも応援している両選手に
喜んでいただけるコースを提案する・・・・。

どうコーディネートするべきか!?

いつも現地のアテンダントはお客様の
リクエストに沿った内容を提示されていただいているので
経験と腕の見せ所です。


さる屋の専門分野は民芸品で&工房めぐりですが!!!


今回は、民芸品に興味があってもなくても楽しめるオアハカを
目指して!!訪問したのは。

モンテ・アルバン

イエルベ・エル・アグア

エル・トゥーレ

民芸品に関しては現在市内で行われている
展示即売会会場と、さる屋の事務所でご紹介!!



さて定番の観光地!モンテ・アルバン

この日は、朝から秋晴れに恵まれて
素晴らしい写真が取れました。

IMG_3571

IMG_3584

メガネのおじさんAlfonso Casoは
メキシコの考古学の父と呼ばれる偉大な研究者です。


IMG_3590

IMG_3608

オアハカ市内から約6kmの山の頂上に鎮座する

モンテアルバン!

繁栄時期は、紀元前500年から紀元後800年です。
 
その中でも、前100年から後300年ごろ一番栄えたとされています。
遺跡のほとんどの大型建造物はこの時期に造られました。


世界文化遺産にも登録されています。
 

遺跡+オアハカの壮大な風景にお二人とも
感動されてました!!

モンテ・アルバンから眺める景色は壮大です。
眼下に広がるオアハカ市内とオアハカの村々。

そうか、この絶景も売りの一つだよね~~~と
改めて感じたわけです。

やはり、モンテ・アルバンは観光の定番になるだけの
魅力があります!!!

遺跡としての歴史的価値もあり、絶景も楽しめるとなれば
やはり、訪問先リストからは外せないかもしれません。

それも、オアハカ市内から車で20分ほどと近いのです!

時期的に、死者の日の祭壇もありました。

IMG_3618


モンテ・アルバンを満喫後は専用車で
そのままイエルベ・エル・アグアへ直行です!!
オアハカ市内から片道約2時間ちょいかかるのですが

それだけの時間をかけても訪問する価値はあるという
アタシの一押し観光スポットです。

道中は曲がりくねった山道でかなり遠いのですが

それでも来てみてよかった!!!と喜んでいただけたので
よかったです!!!!

だって、絶景ですもん、石の滝!!

IMG_3620

IMG_3622

足元は崖っぷちです、この下は断崖絶壁
風が強かったです・・・。

IMG_3625

IMG_3627

死者の日の真っただ中ということもあり
大勢の観光客が自然の湧き水のプールで楽しんでいました。

水着持参もおすすめです。


そして、イエルベ・エル・アグアからオアハカ市内に戻る
途中で北米大陸イチ 大きな木

エル・トゥーレの木。

ここも樹齢2000年の大きな木が保護されながら
その雄大な姿を残しています。

まず、木の近くで撮影しても全体像がはいらないので
向かいの公園の一番端まで離れる必要があります。

IMG_3634


そうするとこんな感じですね。

IMG_3635

ここまで離れると(離れないと)
記念写真もいい感じでアングルが決まると思います。

IMG_3636

木の根元には、
大まかなエル・トゥーレの情報が公開されています。


いつもは、練習と試合に追われ
さらにオアハカは試合会場しか知らないと
おっしゃってた両選手。


オアハカってこんないい場所だったんですか?
また来たいです!!と
KAMAITACHI選手から感想をいただき。

また、

櫻井さんのオアハカ愛を感じるね!と最上級の褒め言葉を
OKUMURA選手からいただきました。

ありがとうございます!!!!


ここ近年、オアハカの人気もうなぎ上りですが。
それでも、メキシコシティ、カンクン、ロスカボスなどと比べると
知名度はまだまだ低いと感じます。


素晴らしい民芸品も、美味しい食事もあるオアハカです。


今回は美味しい料理も堪能してもらいたいと、

お昼はオアハカ伝統料理も含め、100種類以上のメニューを
常時そろえている、ブッフェレストランEl Sabor de Antequera
ブッフェですが、料理は美味しいですよ!!


夕飯は、最近アタシの一押しのレストラン、ソカロに面している
Tr3s 3istro で牡蠣やエビ料理を満喫しました。

お肉もシーフードも美味しいお店です。

IMG_3645

ベシャメルソースとサルサをのせ、オーブンで焼いた
オイスター。kamaitachi選手大絶賛の一品!!

IMG_3647

生牡蠣もあります。磯の香りがする新鮮さ。

IMG_3649

ここのCamarones al mojo de ajoは、
野菜たっぷりです。


この日、市内は死者の日のパレートで大盛り上がり。

IMG_3641

IMG_3644

IMG_3653

IMG_3657

サントドミンゴ教会横の展示即売を見学し、
観光プロモーション用の撮影も無事終了です!


オアハカの予備知識をあえてチェックせず、

実際に訪問した先々で感動されていた
両選手の反応を横でみていて。


ああ、やはりオアハカって素晴らしい場所!!!!!
と再確認した次第です。

また、観光だけでなく、平均して月2回オアハカで行われている
ルチャ・リブレを見て欲しいです!!

地方の会場で、選手を間近に見れる機会もあります。

時期があえば、観光もルチャも両方オアハカで楽しんで
欲しいですね。

もちろん、さる屋定番の 民芸品の工房めぐりをする

さるツアー もお忘れなく!
 

今回、撮影にご協力いただいた、
Okumura選手、Kamaitachi選手に心より感謝いたします。



さる屋事務所訪問について
オアハカ市内の観光地区に、さる屋のショップはございません。
在庫管理等している事務所がありますが、仕事柄、村への外出等で不在の場合がほとんどです。
さる屋での商品購入、お仕事依頼・お打合せ等ご希望の方は、さる屋サイトお問い合わせより訪問予約をお願いいたします。前日、当日の訪問予約は仕事の都合上お受けできないこともございますので、ご予約は余裕を持ってお願いいたします
また、現地状況・観光案内の情報提供のみのサービスは承っておりません。ご理解いただけますよう何卒よろしくお願いいたします。
コレ1冊でオアハカが楽しくなる!


1年かけて撮影・執筆をいたしました、イカロス出版「アルテサニアがかわいいメキシコ・オアハカへ」オアハカの手仕事がわかりやすく説明されています。
イカロス出版オンラインアマゾンでも購入できます。
ブログ掲載画像について。
さる屋ブログ掲載の民芸品画像デザインの転写、転載、無断使用を固く禁じます。
お役に立ったら…!
ポチ!お願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村
最新コメント
livedoor プロフィール
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ